Allen Edmonds [ アレン・エドモンズ ]

AE社長

違いの分かる紳士達に
履き続けられる最上質な靴

アレン・エドモンズは、世界で一番豪華で履き心地の良い、手作りの靴を作りたいという夢を持った一人の靴職人によって、ウィスコンシン州のベルギー(Belgium)という小さな町で創業致しました。その靴職人が創り出した靴は、釘を使わず、硬い鉄のシャンク(土踏まず部分の芯)も使わない、歩く度に屈曲する足に合わせてフレキシブルに曲がるとても履き心地の良い靴でした。
さらに、様々な足の形のお客様に対応する為、サイズを5.0〜18.0まで、ウィズ(ワイズ)もAAAA〜EEEまで取り揃え、どんなお客様にもまるでオーダー・メイドであつらえた靴の様な履き心地を提供できるようにしました。
その結果、彼は大成功を収めたのです。
現在アレン・エドモンズでは、1922年の創業当時の伝統を受け継ぎ、750人の熟練した靴職人が5つの工場に分かれ、212の工程を経て作られるアレン・エドモンズの靴を毎日丹精込めて作り上げております。
私達は、全世界の違いの分かる紳士達に履き続けられる、最上質な靴を作り続けている事を誇りとしており、又、一人でも多くの日本のお客様にその品質と履き心地をご堪能頂ける事を願っております。