Crockett & Jones [ クロケット・アンド・ジョーンズ ]

mr_jones

デザイン・バリエーション、
素材選びへの優れたノウハウ

クロケット・アンド・ジョーンズ社は、1879年にロンドンの北西に車で1時間ほど行ったところにある、靴メーカーが多く集まるノーサンプトンで創業した靴メーカーです。
チャールズ・ジョーンズ氏と、その義理の兄弟ジェームス・クロケット氏によって設立され、現在は4世代目に入り、今でもジョーンズ家のジョナサン・ジョーンズ社長によって経営されています。 1924年には当時のヨーク公(後のジョージ6世)も一目おくほどの高品位な既製靴を作り出し、ヨーク公のご訪問も受けています。その後も1990年には英国における輸出貢献が認められクイーン・アワードも受賞しました。
クロケット・アンド・ジョーンズの最大の特徴は、世界中で最も多くの木型の種類を有する靴メーカーとして、靴作りのデザイン・バリエーションや素材選びについて優れたノウハウを有しているということです。 それは「ポールセン、スコーン」、「ジュージ・クレバリー」、「ジョン・ロブ・パリス」といった伝統的なハンドメイドのビスポーク靴店の靴を高級既製靴ブランドとして製品化させた実績でも評価されています。 クロケット・アンド・ジョーンズは、1990年代後半からオンリーショップをロンドンのジャーミン・ストリート、シティー、そしてバーリントン・アーケードに出店、さらにはパリにも出店と、積極的なブランド戦略を展開してきました。
また現在の社長ジョナサン・ジョーンズ氏(写真)は、「これまでの伝統的な靴製造の基本は変えずに、新たなる機械によるスピードと精度を向上させる」事や「その靴がクラシックであっても、形や素材、色等を微妙に変えてファッションとしても楽しめ、10年以上履いても常に趣味のいい靴といわれ続ける靴を作る」と力強く宣言しています。