Trading Post 京都店

本当に良い靴が見つかるセレクトシューズショップ

Shop info.: 店舗情報、ショップスタッフのブログ

スキ! スキっ! Park Avenue(パークアベニュー)

『Allen Edmonds(アレン・エドモンズ)』
[Park Avenue(パークアベニュー)]好き好き物語……
よかったら最後までお付き合いくださいませ……

いつもお世話になっている、

ワタシたちの[Park Avenue(パークアベニュー)]も
そろそろ、ソールの交換時期をむかえました。

もぉ~しんどいよぉ…… と、足が嘆く時も

酔ってむくんだ足も
たくさん歩くんだぁ~!と意気込みまんまんの時も……
いろんな環境や状況のなかで足を守ってくれてます。
「歩くため」の「道具」として、しっかりと役割りを果たしてくれる
心強い味方であり、良き相棒も年月とともに……

革底は減るのが当然。で、減ったらソールの交換をするのも当然。

そうやって、何年も何年も付き合っていきたいですね……

では、ソールの交換……

こんな感じに、押すとペコペコと柔らかく凹むようになりました。

これ、オールソール交換のタイミングです。
(もし、穴が開いちゃっても諦めずに持って来てください)

ということで、

「Let’s! オールそぉ~~~る!!」
ここまで履きこんだ喜びがこみ上げます……
[Park Avenue(パークアベニュー)]との思い出が……
よく育ってくれたものです。

さぁ。

いっきま~す!
(お修理屋さんにて……)

まずはヒールをはずして……

開きやすいようにグラインダーで出し縫い部分を少し削ります……

そして、ウエルトから下のアウトソールを……

パカッ!……

なるほど。

やっぱりスチールシャンク入ってなかった!!
底の返り(曲り)を柔らかくするための『Allen Edmonds(アレン・エドモンズ)』の特徴!

そして、コルクもつま先からカカトまでしっかり入ってました!!

つま先からカカトまで、いっぱいぎっしり敷かれたコルクは
自分の足で作っていくフットベッドを堪能できる、
これも『Allen Edmonds(アレン・エドモンズ)』の特徴!

(左)ウメハラ (右)タカハシエミ…… ふむふむ。

履いた年数や人それぞれ、開いたときの状態は違います。

このあと、オールソール完成したら

「これからもよろしくネ ♪」と声をかけてあげよっと。

お修理しながら履いていく靴には、それぞれに愛情がわいてきます。

今回はワタシたちの愛用靴のなかでも、
大好きな、とびっきり履きやすい[Park Avenue(パークアベニュー)]の
「好きっぷり」と「パカッ!!」の好き好き物語でした。

(※「パカッ!!」とは、ソールを開くときの擬音語のひとつデス。)

ぜひ、多くの皆さまに履いてもらいたいと思います。

品番:5615(Black)、 5609(Oxblood)

 

  • 素材:Custom Calf(左)、Calf(右)
  • 色:Black(左)、Oxblood(右)
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Goodyear
  • ウィズ:E
  • 価格:¥79,920 (税込)
皆さまのご来店お待ちしております。