Trading Post

本当に良い靴が見つかるセレクトシューズショップ

Shoe Care: 革靴のメンテナンスについて

靴のお手入れについて

シューケアのページにようこそ!

ここではシューケアすなわち革靴のメンテナンスに関する基本的な方法をご紹介いたします。

そもそも革靴のメンテナンスは、とかく「面倒だ」と思われがちです。

これからご紹介していくことも何だか難しそうに聞こえますが、慣れてみると意外と簡単なことなんですよ。
みなさんも、ここはいったん思いこみを忘れて読んでみてください。

まず新品の靴をおろす時に必ずやって欲しいことがあります。それはクリームを塗ることです。

靴が工場で出来上がった時に仕上げとしてクリームは塗られています。

しかし出荷されお客様の手元に届く間に乾燥して油分が飛んでしまっています。
アンティークの靴などは完璧に乾いてしまっていますのでアッパーにクリームを塗ることはもちろん、
ソールにソールモイスチャライザーなどで油分を補ってあげてください。

1. 履くとき

革靴を履くときは、必ず紐を緩めて履き口を広げてからシューホーンを使って履きましょう

特にインポートの靴は履き口が狭いので、無理をして履くと革切れなどを起こしてしまう可能性があります。

2. 脱ぐとき

履く時と同じように紐を緩め、踵を持って脱ぎましょう

紐を解かないで無理に脱ぐと内側や履き口の痛みに繋がります。

ましてやヒールで踵を押さえて脱ぐなんてことは問題外ですよ。

保管方法 靴のおうちについて

1. シューツリーを使いましょう

TP取り扱いのシューツリー

シューツリーは云わば靴のハンガーです。

スーツを脱いでハンガーに吊るすように、靴も脱いだらシューツリーを入れてあげましょう。

1日中履き続けた靴はソールも反り返り、甲にもシワがくっきり入ってしまっています。

シューツリーを入れることでソールを元の形に戻し、同時に甲のシワも伸ばすのです。

靴を長持ちさせるためにシューツリーは欠かせない物なのです。

ちなみにレッドシダーのツリーは消臭効果や湿気を吸収する効果があります。

2. 保管場所

靴は過度の水分を嫌います。水分はカビの発生の原因となるからです。
靴の保管はなるべく高温多湿な場所は避け風通しの良い場所に保管しましょう。

履いたその日は直ぐに下駄箱に入れてしまわないで、一晩風通しの良いところで乾燥させてから下駄箱に入れると効果的です。

下駄箱の中に湿気取りなどを入れておくのも良いでしょう。

3. もしカビが生えてしまったら

白や緑のカビの場合はそんなに慌てる必要はありません。まずは落ち着いてください。

とりあえずいらない布で大まかに落としてください。

布にはカビ菌が付着していますから処分してください。その後除菌スプレーをかけてしばらく放置して置きましょう。

これはより乾燥を促す為です。その後はリムーバーサドルソープを使ってきれいにしてください。

(『基本メンテナンスについて 1』参照)

乾いた後にクリームを入れるのも忘れずに。

一方、問題は黒いカビが生えてしまった場合です。

残念ながら完全に除去することは不可能です。ご臨終です。

そうならないように普段から気を付けてください。

またカビ菌は革の奥に根付きますのから完全に除去するのは不可能に近いです。

一度カビが生えてしまった靴はその後は生えやすい状況になっていますので注意してください

4. 白い粉が浮いていたら

オイルレザーやコードヴァンの場合、表面に白い粉状の物が出てくることがあります。
これは革に含まれるパラフィン(蝋質の脂)が表面に浮き出てきたもので、
ブラシや布で乾拭きをするだけで取ることができます。
品質には全く問題はありません。