青山本店

EG新作(復刻??)!ROCHESTER入荷!!

“ROCHESTER”(ロチェスター)

 

 

 

今回アーカイヴモデルとして現代に復刻した“ROCHESTER”。

エドワードグリーンで1990年代初頭からおおよそ2年間だけ生産されていたモデルです。

約30年ぶりの復刻ということになりますが、“2020年限定復刻”ということなのでこの機を逃すと中々お目にかかれそうにありません。

 

 

さて、この“ROCHESTER”のデザインを手掛けたのは、

エドワードグリーンの歴史を語る上で欠かすことが出来ないジョン・フルスティック氏。

 

過去、経営が困難な状況に陥ったエドワードグリーンを“負債額+1ポンド”で買収し、再建したのは有名な話ですが、同氏がエドワードグリーンに残した功績はそれだけではありません。英国クラシックの象徴ともいえる名作ラスト“202”は今もなお革靴好きの心を掴んで離さないものとして在り続け、いかなる状況でも品質に高いプライオリティを置くというその姿勢も、最高級と呼ぶに相応しい靴を作り続け、“革靴の最高峰”に君臨する信頼の証となっています。

 

 


EDWARD GREEN モデル名:ROCHESTER ラスト: 184


  • 素材:Calf + Suede
  • 色:Chestnut + Tabacco、Black + Black
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Goodyear
  • ウィズ:E
  • 価格:¥195,800(税込)

 

 

そんなジョンフルスティックブランドが付く?この“ROCHESTER”ですが、

クラシックな印象がありながら、コインローファーやタッセルローファーとは異なる独創的なデザインです。

何といっても、甲部分に架かる曲線的なフルサドルが特徴的でしょう。

 

通常コインローファー等には細長いスリットが入っているのですが、ROCHESTERにはそれとなるものがありません。

その分、靴全体は若干平面的でプレーンな印象にもなりますが、パーフォレーションが施されることによって、

やや装飾的で賑やかになり、そしてクラシックな印象に変化を遂げます。

 

今回トレーディングポストは異素材同色のコンビパターンで展開していますが、理由はコンビが映えるこのデザインを余すことなく魅せたかったからです。

 

 

 

 

ブラックスエード + ブラックカーフは独創的なデザインを活かし、ブラックの異素材コンビでモダンな印象に。

 

チェスナットカーフ + タバコスエードはクラシックな印象を活かし、パーフォレーションを際立たせるカラーに。

 

 

 

どちらを選択するかは皆さまの気分次第ですね!

 

個人的にも久しぶりに脳内の物欲センサーが作動。

特に最近は穴飾りのある靴が気になって気になって仕方なかったので・・・。

 

足元は少し華やかに。穴飾りで気分を盛り上げてみませんか??

 

 

トレーディングポスト青山本店・名古屋店のみの取り扱いです。

少量入荷。ぜひご来店お待ちしています。

 

■毎週水曜日、女性のお客様限定で青山本店で靴磨き!! 

■Trading Post ladies’公式インスタグラム

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

Trading Post 青山本店

東京都渋谷区神宮前3-1-30 HSビル 1F
℡.03-5474-8725   open 11:00~close 20:00

●Trading Post AOYAMA Shop Info●

 

トレーディングポスト青山本店は、外苑西通り沿いにございます。

トレーディングポストで最大の売場面積と商品点数を誇り、その中で世界の銘靴をお選び頂けます。

東京メトロ「表参道」A3番出口より徒歩10分・東京メトロ銀座線「外苑前」3番出口より徒歩5分となっております。

※お車でお越しのお客様は、近隣に路上パーキング・コインパーキングもございます。

 

【青山本店・前回の記事】

Enjoy shoe life (キムラさん)

Go to top