青山本店

至高のブーツ HALIFAX

皆さんこんにちは。青山本店スタッフの小菅です。

9/19(土)より【GO TO TP】と銘打って10% OFFキャンペーンを開催中です。

  • 期間:2020.9.19(土)~10月末予定
  • 対象品:靴(プロパー)・ベルト・シューツリー・メンテナンスボックス ※メンテナンス用品・ソックス・パターンオーダー・修理は対象外
  • 対象店舗:全店(ホワイトレーベル・シューミュージアム含む)

普段はセールにならない定番アイテムも対象となっており大変お得です。

 

ついに暑い夏も落ち着きを見せ徐々に過ごしやすい気候になってきましたね。

みなさんのファッションも衣替えを意識しはじめる頃なのではないでしょうか。

靴の場合は洋服と違ってシーズンレスなアイテムが多いのであまり季節に左右されないというイメージがあります。

事実、今では冬でもローファーなどのスリップオンアイテムが新作としてお店に並んだりしています。

しかし季節の特徴に合わせてアイテムに変化をつけるのが本来のファッションの楽しみ方でもあります。

夏はサンダルやカラースエードのローファー、冬はブーツやベルベットスリッパなど素材やデザインで四季を楽しんでみるのもいいものですよ。

 

そこで今回は秋冬シーズンに向けてブーツをご紹介させていただきます。

 


EDWARD GREEN モデル名:HALIFAX


  • 素材:COUNTRY CALF
  • 色:ROSEWOOD
  • 底材:RIDGEWAY
  • 製法:GOODYEARWELT
  • ウィズ:E
  • 価格:¥246,400(税込) →  GO TO TP価格: ¥221,760(税込)

 

チャッカブーツと見せかけてスキンステッチのモカの存在感が他とは一線を画すEDWARD GREENのHALIFAX(ハリファクス)です。

EDWARD GREENの中でもアイコン的存在のDOVER(ドーヴァー)のブーツバージョンです。

厚みのあるカントリーカーフにつま先のボリューム。

このボリュームに拍車をかけているのが同ブランドの象徴的意匠であるスキンステッチ。

今でこそいくつかの実力派のシューメーカーがスキンステッチの入った靴を展開していますがスキンステッチの元祖といえばEDWARD GREENです。

スキンステッチは限られた職人さんだけが習得しているのは有名ですが、なんと縫い針はいまだに猪のヒゲを使用されているそうです。

ロマンあふれまくりですね。

さらにこのHALIFAXのボリュームを強調しているのがソールです。

カジュアルシューズに相性抜群のリッジウェイソールです。

滑りにくくて減りにくいこのソールですが分厚くて曲がりくいのが難点です。

普通の靴に搭載すると屈曲しにくいので踵が浮きやすいのですが、このブーツはEDWARD GREEN。

ちゃんと喰いついてきてくれます。

安定の小さなヒールカップ。

真後ろから見るとボリューム満点なルックスなのを忘れてしまいそうなほどのスリムシルエット。

見た目と履きやすさのバランスの取り方が絶妙ですね。

 

ちなみにこのHALIFAXですがなんと3色展開なんです。

 

目の覚めるような美しい発色のALMOND。

 

どんな色の洋服にも調和するWALNUT。

 

どの色もそれぞれ良さがあって迷っちゃいますね。

個人的にはWALNUTと共に年を重ねていきたいですね。

おじいさんになる頃には最高に良い味が出ていそうなので。

 

テレワークが普及している現在においてオンオフ兼用は外せない条件ですがこのブーツならクリアしているのではないでしょうか。

 

 

もちろんEDWARD GREENもGO TO TP対象ですのでこの機会をぜひご利用ください。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

Trading Post 青山本店

東京都港区北青山3-5-2 PVB AOYAMA 1F/2F
℡.03-5474-8725   open 11:30~close 20:00
●Trading Post AOYAMA Shop Info●

 

【青山本店が移転しました】

トレーディングポスト青山本店は東京メトロ表参道駅と外苑前の中間、青山通りに程近い場所にございます。

トレーディングポスト史上初のメゾネットタイプの店内はワインセラーをモチーフにしたモダンでラグジュアリーな空間。

青山本店だけの貴重な1足もご用意しておりますのでぜひ世界の銘靴をお試しにいらしてください。

東京メトロ「表参道」A3番出口より徒歩5分となっております。

 

【青山本店・前回の記事】

そろそろトリッカーズが履きたくなる季節

Go to top