福岡店

「表と裏」

今回はトレーディングポストのプレステージコレクションよりTP1991をご紹介します。

 

ラストや製法が同じでも、素材が違えば見え方は勿論、履き心地も変わってきますよね。

特に分かりやすいのは、表革と裏革の違い。

 

ワインハイマー製のボックスカーフ(表革)とチャールズ・F・ステッド製のクーズースエード(裏革)を展開中のTP1991で履き比べてみました。

 

 

 

表革はマッケイ製法のウエスト部分の絞りがグラマラスなフォルムと上質な素材感による艶が相まってエレガントさを感じさせてくれます。

また、裏革はフォルムは同じでも、洗練の中にどこか、クーズーの特徴である柔らかな表情を感じませんか?

 

続いてはプレステージコレクションが誇る、後ろ姿。

 

 

 

履き口から絶妙なテーパードが効いた着地面までシームレスバック&ピッチドヒールの美しい流れを見て下さい!

表も裏も、前方から見た時と比べて、フォルムに目が向かうような気がしませんか。

 

参考にジャケンパンスタイルでコーディネートしてみました。

 

 

 

 

最後にお知らせです。

 

 

 

 

6/2(水)まで開催中のトレーディングポストオリジナルオーダー会にてコストパフォーマンスが最高なプレステージコレクションも既成品と同じ価格でオーダーして頂けるんです!

 

 

 

 

例えば、今回ご紹介したTP1991をクーズーのBLACKで…

後ろ姿からイメージして、靴をオーダーするアプローチはいかがでしょうか?

 

 

 


Trading Post Original 品番:TP1991


  • 素材:(左)Box Calf(右)Kudu
  • 色:(左)Black(右)RIDE
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Goodyear/Mckay
  • 木型:66
  • 価格:¥77,000(税込)

 


 

[修理のご案内]

トレーディングポスト福岡店では、当店の商品だけではなく他店でのご購入の商品でも常時修理をお受けしています。

詳しくは、スタッフまでお問い合わせください。

 

【福岡店・前回の記事】

SANDERS(サンダース)フルラインナップ[L] – Trading Post

Go to top