京都店

TP1984 by CENTRAL SHOE .CO

日本。

 

イギリス、アメリカはもとより

東西ヨーロッパからアジアまで

世界中の名靴を目にすることができる場所。

 

既製靴のみならず

世界に名だたる職人による

フルオーダーシューズも珍しくない昨今。

 

国民性ともいえる

深い探求心の行き着く先は何処やら。

 

 

さておき、

モデル名:[TP1984]

大衆的高級既製靴ブームの夜明け、

トレーディングポストがスタートした1984年。

モデル名にその年を冠した、

セントラル靴への特注による

当店オリジナルシューズの新たな里程標。

 

 

現時点で考える、価格帯における最良質の既製靴。

 

靴の判断基準は様々。

各々の製法や革質が同程度なら、

いたずらに優劣を競うのはナンセンス。

 

ここで

靴世界地図において[TP1984]の領域をあえて表現するなら

「美しさ」です。

 

言い換えれば、

履き心地には直結しない部分の作りこみ。

 

具体的なディテールで言えば、

シームレスバック。

 

 

技巧を凝らし、あえて手間をかけて

一枚の大きなピースを小さく丸く釣り込む。

継ぎ目のないうしろ姿、綺麗な仕上がりです。

 

また

ピッチドヒール。

 

 

下へ向かって細くすることで

小さく丸い踵との一体感を表現。

 

どれかひとつのディテールだけでは成立しない、

それぞれが補完し合うことで成り立つ美しさ。

 

さらに

フィドルバック。

 

 

ソールの踏まず部、

中心に隆起するひとすじの稜線がくっきり。

 

 

これもいくつかのディテールの調和がみせる美しさ。

 

前半分はウェルトにだし縫いをかけ、

踏まず部にはマッケイ式を採用した底付けの恩恵でもあります。

 

二つの製法をミックスしたことにより、

ウェルトのない踏まず部が見せるくびれの美しさは、

既製靴の到達点へのさらなる挑戦の証。

 

こうして

 

 

外側も内側も、美しく。

 

もちろん、

ただ美しいだけではない。

 

既存物のマイナーチェンジではなく、

ゼロから始動して作り上げた[66ラスト]

複雑な曲面をもつ、かなり攻めた木型です。

 

 

低くおさえた立ち上がり部から強くせり上がる甲、

深くえぐり込んだ踏まず部、

小さく丸い踵。

 

足の形状にフィットするよう、

何度も試作を行ない導き出された形状。

 

アッパーにはワインハイマーのボックスカーフを使用し、

月形芯は硬めに設定することで型崩れを防ぐ。

やわらかく、かつ耐久性にも優れたマッチングです。

 

さらに

パターンデザインも重要。

 

 

小さめのトウキャップ、6アイレット等

木型のバランスに合わせてクラシカルに。

 

 

 

こうして完成した[TP1984]

履物として機能的であることは大前提として、

「美しさ」にこだわった靴。

 

様々なファクターが調和するよう、

まとめ上げられた黒のストレートチップ。

 

あえて一型一色のみの展開です。

 


Trading Post Original 品番:TP1984


  • 素材:Box Calf
  • 色:Black
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Goodyear/Mckay
  • 価格:¥75,600(税込)

 

 

皆さまのご来店お待ちしております。

 

 

店休日のお知らせ

京都店と大阪店は6/13(水)を店休日とさせていただきます。

ご迷惑をお掛けいたしますが御了承の程お願い致します。