京都店

最高の、ふつう

ビジネスシーンにおける足元の定番といえば

パンチドキャップトウを挙げることができます。

 

キャップの切り返し部に

控え目に施された穴飾りが特徴のデザイン。

 

日常のスタンダードであるこのデザインを、

GAZIANO & GIRLING(ガジアーノ&ガーリング)が

仕立てるとどうなるか?

 

ちょっと興味をそそられませんか?

 

ビスポーク出身者による、定番デザインの既製靴、

ではさっそく。

 

 

いかがでしょう。

やっぱり、カッコイイ!

 

 

ガジアーノ&ガーリングの

アデレイドスタイルのパンチドキャップトウ。

 

特徴的なヒールカウンターの意匠。

 

 

こういうところも凝っていて「らしさ」を感じます。

 

さらに

しもぶくれ末広がりなレースステイ。

 

 

上辺に対して底辺の長さを強調したゆるやかな台形。

 

 

直線と曲線の使い分けも秀逸。

 

そして木型。

全体的に強いフィット感を得られるTG73を使用。

 

 

スクエアトウからはじまり、

低くおさえのきく甲を経てしぼりの強い踏まず部へ。

 

 

そしてつつみこむ踵。

 

 

メリハリをつけた木型を活かした、

アデレイド・パンチドキャップトウ。

 

必然だったのでしょう。

このバランス以外ありえない、というアレンジ。

 

 

やはり。

カッコイイ。

これが結論!

 


GAZIANO&GARLING モデル名:ST JAMES II  ラスト:TG73


  • 素材:Calf
  • 色:Black
  • 底材:Single Leather (Oak Bark)
  • 製法:Goodyear
  • 価格:¥194,400(税込)

 

Go to top