京都店

クロケット&ジョーンズ a variety of HAND GRADE COLLECTION vol.1

HAND GRADE COLLECTION(ハンドグレードコレクション)は、CROCKETT & JONES(クロケット&ジョーンズ)の上級ラインとして位置付けられています。

 

ハンドグレードコレクションの中でも特に有名なのが 337ラストを用いたキャップトウの AUDLEY(オードリー)です。

 

このパリラストとも呼ばれる、エレガントな 337ラストを使用したベストセラーシューズには、デザインの異なる様々な独立したモデルが存在しています。

 

いわば、オードリーの兄弟たち。

 

これから京都店では数回にわたり「a variety of HAND GRADE COLLECTION」と題しまして、それらの内いくつかのモデルをご紹介していきたいと思います。

 

 

それでは今回はこちら。

 

 

モデル名は WEYMOUTH 。

 

イングランドの地名であるウェイマス(もしくはウェーマス)と同じ綴りのホールカットで、トウをラムズホーンのメダリオンで装飾しています。

 

 

ただしデコラティブに過ぎることはなく、そっと華やかさを添える好演出がこのシンプルなホールカットに小さなかがやきを加えています。

 

またハンドグレードでは標準仕様となる、出し縫いのステッチを露出させないヒドゥンチャネル仕上げのソールとあいまって、とてもドレッシーです。

 

 

さて、ホールカットは木型のキャラクターをいちばん把握しやすいデザインでもあります。

 

まず目に留まるのはこのラストの一番の特徴である、ほんのすこし、わずかに角ばったセミスクエアトウ。

 

 

ゆるやかな曲線が描きだす落ち着いた表情。

 

また、連動するサイドラインもエッジをたてすぎず、なだらかなカーブがつけられています。

 

 

いかがでしょうか? 337ラストのホールカット。

 

 

オードリーと同じ木型でありながら、エレガントかつファッショナブルな雰囲気はホールカットならではのものです。

 

ビジネスシーンやプライベートシーンでも、ほんのすこし華やいだイメージを醸し出したい時に効果的なデザインですね。

 

 

他には、そうですね……

 

 

少々こまかい点ですが、ウェイマス はアイレットの左右の幅が上から下までほぼ均等になっています。

 

337ラストのオードリーや他のモデルでは同じ5アイレットでも左右の幅に変化をつけているのですが、いつか機会が訪れた時に比較すると興味深いと思います。

 

前回の京都店ブログでご紹介した CARMINA(カルミーナ)のホールカットもそうですが、同じ木型を使用しているシリーズでもデザインによってバランスを調整しているところにメーカーのこだわりが垣間見られます。(ちなみにカルミーナでは INCAラストの場合、デザインによってアイレットの数を変化させています。)

 

 

それでは最後はこちらに注目してみましょう。

 

 

ブラックのライニングとソックシート。

 

そしてその中央に1930年代のクロケット&ジョーンズ社のロゴマーク刻印。

 

現在ではハンドグレードの証左となっています。

 


Crockett&Jones 品番:29411A-C01L3 モデル名:Weymouth


  • 素材:Aniline Calf
  • 色:Black
  • 底材:Single Leather(Oak Bark)
  • 製法:Goodyearwelt
  • ウィズ:D
  • 価格:¥107,800(税込)

 

 

さて、いかがでしたでしょうか?

 

オードリーに代表されるハンドグレードコレクション。しかしデザインが変われば雰囲気も変わる。

 

キャラクター豊富なラインナップを次回以降もご紹介させていただきます。

 

【京都店・前回の記事】

地中海ホールカット

Go to top