京都店

ロシアングレインに乾杯!

ムムッ
出勤するとお店の匂いが変。
森林のような、ほんのりピート香のような…
もしや、朝からウイスキーやってるのか?
違いました(笑)

クロケット&ジョーンズのロシアングレインでした。

そう、幻のロシアンカーフを忠実に英国のタナリーが復刻し
誕生したニューモデルがようやく入荷です。
※ロシアンカーフ物語はこちら

まずはそのロシアングレインですが、素晴らしい出来栄え!
ダイナミックに施されたクロスハッチの型押し

少しオイリーでマッドな肉厚牛革
そして何よりも特徴的なバーチオイル独特の香り
みなさん触って下さい。
そしてクンクン嗅いでみてください!

経験的に
おそらくこの感じ
コードバンとも、カーフとも違った渋いエイジングが猛烈に期待できそう。
自分なら、しばらく油分補給はせずにブラッシング中心で
少し乾いた質感、明るめの色に変化してくるまで我慢してみたい。
ハッチグレインを含め、ここ最近ロシアンカーフをベースにした型押し素材は多々ありましたが
ロシアの古い文献を紐解き、伝統製法にて蘇った特別な素材ですから
コイツは別格です。
とにかく欲しい、個人的に!
スエードを除いて久しぶりの英国生産の素材というだけでも欲しい!

さて、
こちらのモデル名『PEEBLES』のデザインですが
こちらも典型的な頑丈靴のそれ。
サイドのV字型のパターンも完璧です。

イミテーションのキャップトウや塗装の無いハトメなど

渋めのディテールも満載

お馴染みリッジウェイソールも安心です。

 

みなさまならどのように御履きになりますか?
コレクションアイテムとしても今回はニーズが有りそうですが。

 


Crockett&Jones 品番:6316 モデル名:PEEBLES(ピーブルス)


  • 素材・色:Russian Grain
  • 底材:Ridgeway
  • 製法:Goodyear
  • ウィズ:E
  • 価格:¥119,880(税込)

 

ロシアンカーフ自体が元祖ミルスペック故

軽いトレッキングやバイクなど本気使いも良さそうですね。
皆さまのご来店お待ちしております。
おまけ

 

自分にはロシアングレインの香りがスコッチに思えてなりません。
ということで
お酒の先生、三条木屋町コルドンノアールのマスターに嗅いでもらいました!
マスター曰く
「オイル」「獣」「かすかな潮」「かすかなヨード」
というフレーズが出てきましたが….
結論的には革の匂いでした!
おそらくワタシの鼻は20年以上大量の革靴に囲まれ
オイルと獣のセンサーは麻痺してるのでしょう。
かすかなヨード臭と英国贔屓な感情によってスコッチの匂いに思いたかったのでしょう!
まあ、色々楽しめる靴が入荷したことには間違いありません。
無理やりですが、
ロシアングレインに合わせた一杯を今宵は頂きました!
最高に旨かった。
マスターありがとう!