名古屋店

英国の老舗SANDERSのマッドガード

皆さんこんにちは。名古屋店羽生です。

11月は昔の呼び名で「霜月」とも呼ばれるそうです。

旧暦の11月が現在の12月にあたり霜が降ってくる時期からつけられた名前と言われています。

月の呼び名に季節を感じる言葉を入れる所に昔の人の風情を感じますね。

さて、今日は寒くなってきた今の時期に履きたい靴のご紹介です。


Sanders 品番:9877


  • 素材:Suede
  • 色:Snuff
  • 底材:Creape Ruber Sole
  • 製法:Madguard
  • 価格:¥47,300(税込)


Sanders 品番:9877


  • 素材:Suede
  • 色:Pina Brown
  • 底材:Creape Ruber Sole
  • 製法:Madguard
  • 価格:¥47,300(税込)


Sanders 品番:9877


  • 素材:Suede
  • 色:Black
  • 底材:Creape Ruber Sole
  • 製法:Madguard
  • 価格:¥47,300(税込)

1873年にイギリスのサンダース兄弟によって創設された老舗ブランド。

ミリタリーコレクションと人気を二分する俳優のスティーブマックイーンも着用したことで有名なブリットチャッカ。

ソールの側面をラバーでぐるっと一周させた「マッドガード」と呼ばれる独特のデザインはこのモデルのアイコンともなっています。

スエードはサイドに配したラバーと併せて雨の日にも適した素材となっています。

マッドガードは名前の通りラバー部分が泥除けの役割を果たし雨や汚れなど気にせず履けるヘビーデューティーな作りが魅力。

定番のミリタリーコレクションと併せて加えて英国靴にしては良心的な価格もで本格的な革靴デビューの方にもおすすめです。

つま先も程よいボリューム感でカジュアルからジャケパンスタイルまで幅広く対応できるデザイン。

定番のデニムスタイルに合わせても良し、スラックスと合わせてキレイ目に合わせるのもオシャレです。

 


Sanders 品番:1345


  • 素材:Suede
  • 色:Snuff、Black
  • 底材:Creape Ruber Sole
  • 製法:Madguard
  • 価格:¥49,500(税込)

同じスエードを使用したスリッポンタイプも併せて入荷しました。

マッドガードの雰囲気を残しつつ、形をスリッポンとすることでブーツタイプに比べより軽快な印象を感じせます。

見た目に反してカカト回りを絞った設計でフィット感も良く、クレープソールとの組み合わせで柔らかな履き心地も魅力です。

 

今回はサンダースの中でもマッドガードのモデル中心にご紹介しました。

人気のミリタリーコレクションについても今までサイズの欠品が続いていましたが、マッドガードと併せて入荷してきました。

モデルによってはUK5より展開しておりますのでこちらも近いうちにブログでご紹介させていただきます。


【修理のご案内】

トレーディングポスト名古屋店では、当店の商品だけではなく他店でのご購入の商品でも常時修理をお受けしています。

また、お預かりした修理靴は店舗にてメンテナンスをしてお返し致します。

詳しくは、スタッフまでお問い合わせください。


電車でお越しのお客様は、「地下鉄栄駅」のサカエ チカ クリスタル広場S6b番出口、または16番出口をご利用ください。

※詳しくは、こちらのトレーディングポスト名古屋店までの歩き方。をご覧ください。

お車でお越し際は、「エンゼルパーク」・「矢場公園駐車場」が提携の駐車場となっております。

(定価の商品のご購入金額が合計3万円以上、セール商品5万円以上で、最大1時間分のサービスとなります。)

【名古屋店・前回の記事】

Tricker’s Collection vol.2

【合わせて読みたい】

SANDERS RESTOCK!!

Go to top