大阪店

ひとあじ違う、『Ducal』

同じ靴デザインでも『Ducal』(デュカル)はひとあじ違います。

 

創立は1937年。

現在はフィレンツェにて、

ノーブルなフルハンドソーンの注文靴もこなす

少数精鋭体制の工房です。

レディメイドシューズの分野においても、

希少で優雅な趣味性の薫る、上質な靴を生み出しています。

 

『デュカル』にかかると定番の靴デザインでも

他とはひとあじ違うものになるのです。

例えばこちらのダブルモンク。

シンプルなデザインですね。

まずは二本のストラップの向きに注目してみましょう。

履き口側のストラップが地面と平行に近くなっており、

パンツの裾のラインときれいにまとまります。

そして

ストラップを留める金具は革で固定されているので

ゴムのように伸びてしまうことがありません。

靴を足にしっかりフィットさせてくれるのです。

履き口のV字型切れ込みのゆるやかなラインや

プレーントウの潔さも見逃せません。

過剰な装飾は省き、美しくノーブルな印象ですね。

よく見ると、「ひとあじ違う」ダブルモンク。

カラー展開は赤茶の[Bordo]と、黒の2色です。


Ducal 品番:6890


素材:Vitello

色:Bordo(左)、Nero(右)

底材:Single Leather

製法:Mckay

価格:¥90,720(税込)

 

では、

次は『デュカル』ならではの外羽根プレーントウにも注目。

どこがひとあじ違うのでしょう?

レースの先についたタッセル(房飾り)。

見たまんまですが……!!

シンプルな2アイレットのプレーントウが

ひとあじ違うプレーントウに。

ここ最近、数シーズンに渡りタッセルローファーが人気ですが、

こちらはタッセルプレーントウ!

マッケイ製法なので、見た目はスマートです。

コバの張り出しやトウスプリングも控えめで、ノーブルな形状。

タッセル効果で外羽根なのにドレッシーです。

やはり『デュカル』、ひとあじ違います。

カラーは濃茶の[Moro]と、黒の2色です。


Ducal 品番:6625


素材:Vitello

色:Moro(左)、Nero(右)

底材:Single Leather

製法:Mckay

価格:¥90,720(税込)

 

定番デザインでも「ひとあじ違う」何かをお求めであれば、

『デュカル』おすすめです。