大阪店

モンクストラップシューズ

皆様こんにちは。TP36年の歴史とほぼ同じく歩んで参りました、年長者である私 野勢の四方山話の第九回目となります。

御拝聴どうぞ宜しくお願い致します。

今回は近年ドレスシューズとして人気のモンクストラップシューズです。

 

足の甲の固定用ベルトをモンクストラップと呼びますが、モンクストラップシューズは15世紀ごろのヨーロッパアルプス地方で修道僧(MONK:モンク)が着用した靴をモチーフにしています。

修道僧は俗世間を捨て修道院で礼拝と肉体労働中心の生活を送っていました。その日々の生活の足元には、甲に固定用ベルトのついたストラップサンダルを使用していましたが、労働時に足元を保護する必要からサンダルのつま先を閉じたデザインへと進化し、それが現在のモンクシューズの原型になったそうです。

 


一本のベルトでシングルモンクストラップ・シューズ

18~19世紀頃に、一般的な服飾スタイルとして人気を博しましたが、徐々にレースアップシューズに追いやられてしまいます。

 

二本のベルトでダブルモンクストラップ・シューズ

1945年に英国のウィンザー公(エドワード8)のビスポークに際して飛行士用ブーツをヒントに考案されて誕生。

のちにレディメイド化されました

 

シングルモンクのプレーントウ、ダブルモンクのキャップトウと外羽根、内羽根をベルトに置き換えるだけでまるでイメージが変わります。

フォーマルではないですがビジネスシューズの代表モデルとして人気を博しています。

(羽根(はね)別フォーマル)

 

トレーディングポストにも長年人気のダブルモンクがあります。


CARMINA  品番:10003


  • 素材:Fredemberg
  • 色:Negro
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Goodyear
  • 価格:¥75,900(税込)

 

CARMINA(カルミーナ)のシャープなラストDEIAを使ったダブルモンクストラップは華やかな場面を演出するスマートな一足に仕上がっています。

スーツスタイルからカジュアルまで履きまわせる自由度の高い靴です。

 

靴ひもをストラップに置き換える事により足元がスッキリシンプルにまとまり金具もアクセントとしてオシャレな雰囲気が演出できます。

華やかなイメージでかしこまらずに革靴を楽しめそうですね。

逆に相手を思いやるフォーマルシーンではきらびやかな金具はNGですよ。

 

靴ひもを結ぶひと手間を省ける利便性も兼ね備えたモンクストラップを是非一度お試しください。

 

【前回の記事】

タッセルローファー

Go to top