大阪店

『カルロス・サントス』のシックな秋冬カラー

大阪店からは、

来る秋冬シーズンにおすすめのこちらをご紹介いたします。

こちらは『カルロス・サントス』。

複雑な製法ボロネーゼ・グッドから

繊細なマッケイ製法まで幅広くこなす、

ポルトガル随一のシューメーカーです。

フランスなどヨーロッパでは認知度が高く、

上質かつコストパフォーマンスに優れたメーカーでもあります。

日本では知る人ぞ知る、通好みなブランドといったところでしょうか。

 

今回ご紹介するのは

『カルロス・サントス』マッケイ製法のラインです。

一般的なグッドイヤー製法よりも軽く、

履き始めから屈曲性に優れた仕上がり。

 

そしてなんといってもこの色!

秋冬にもぴったりの、シックなカラー・ラインナップ。

手作業による後染めならではの濃淡がシック。

完熟したフルーツを連想させる色使いですね。

 

デザインはホールカットと内羽根メダリオン。

癖のない、きれいな木型を使用しており、

コバ周りもすっきりまとめました。


Carlos Santos 品番:6903


  • 素材:Anil
  • 色:Alentejo(左)、Violet(右)
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Mckay
  • ウィズ:E
  • 価格:¥49,680(税込)

 


Carlos Santos 品番:8035


  • 素材:Anil
  • 色:Braga(左)、Guimaraes(右)
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Mckay
  • ウィズ:E
  • 価格:¥49,680(税込)

 

すべて木型は共通です。

使いやすく合わせやすい形なので、

あとは色合わせに集中してコーディネートが楽しめます。

 

ジャケットやアウター、パンツとの組み合わせの幅が広がりますね。

タイやチーフ、ストールやグローブなど小物で色を拾うのも楽しいです。

秋冬の装いの挿し色に是非お使いいただきたい、

シックな『カルロス・サントス』。

秋冬のおすすめです。

Go to top