大阪店

なんど見てもかっこいいわ

この独創的なデザインは、そうGAZIANO&GIRLING(ガジアーノ&ガーリング)のホールカットWESTBURY

レース周りに施したライトアングルステッチ、めちゃくちゃかっこいい

何度見ても惚れ惚れします

初めてこのデザインを見た時に、かっこよくて何度も色んな角度から眺めてました。

個人的にはこの角度が一番すきです。

ヒールからつま先にかけての流れるようなラインの中に技巧をこらしたステッチがお見え。

シンプルなホールカットの良さを、いい塩梅でより際立たせてくれてます。

ホールカットという贅沢なパターンにさらに、ライトアングルステッチをあわせてくるあたりが、

ほんとこの部分にものすごい技術と圧倒的なデザインセンスを感じさせてくれます

ブランド名でもある、トニー・ガジアーノとディーン・ガーリングの二人のデザイナーと靴職人が見事に調和され、歴史ある英国ブランドのどれとも違う風を感じさせてくれます。

これは靴好きが虜になるのもわかります。

 

そして靴好きを唸らせる、既成靴とは思えない仕立てもまた魅力

ソールはヒドンチャネルの半カラス仕立て、中心を隆起するフィドルバックは立体的でエレガントなフォルムを作っています。

丁寧に作り込まれたウエストは、ビスポークシューズとも見間違えるほどのシェイプさ。

前からみると尋常ではないえぐれかたというかくびれのフォルム。

靴という単に履きものというより、一種の工芸品のような美しさがあります。

ヒール部分も英国靴では珍しい、少し高めのヒールに、履く人の後ろ姿をきれいに見せてくれるピッチドヒール。


GAZIANO&GIRLING 品番:WESTBURY


  • 素材:Calf
  • 色:Black、Vintage Riojo
  • 底材:Single Leather(Oak bark)
  • 製法:Goodyear
  • ウィズ:E
  • 本体価格:¥242,000(税込)

レディメイド(既成)でありながら、ビスポークシューズのような雰囲気を纏ったGAZIANO&GIRLING(ガジアーノ&ガーリング)一度足を通してみてください。

きっと肉厚な革がしっかりと足をサポートしてくれる履き心地を感じてもらえるはずです。

皆さまのお問い合わせお待ちしております。

 

 皆さまの「ご来店」「お問い合わせ」お待ちしております。

※店内、換気・消毒・マスク着用、感染対策しておりますので安心してお越しくださいませ。

※営業時間も通常どおりです。(11:30~20:00)

※来られない方、気になる商品あればお気軽にお電話ください。

 

▼Trading Post 公式通販はこちら▼

▼ANTONIO RUFO 公式通販はこちら▼

▼Trading Post ZOZOTOWN店はこちら▼

▼Trading Post YouTubeはこちら▼

▼tradingpost_official Instagramはこちら▼

▼tradingpost_store Instagramはこちら▼

▼tradingpost_aoyamasalon Instagramはこちら▼

▼tradingpost_ladies Instagramはこちら▼

 

【大阪店・前回の記事】

英国代表! Edward Greenチェルシーです。

Go to top