大阪店

エプロンダービー by 『ガジアーノ&ガーリング』

ダービー(外羽根式)シューズで

エプロン・フロント(ユーチップ)。

カジュアルシーンで合わす事も多いデザインですが、

ビジネスシーンでも取り入れたくなる

こんなエプロンダービーいかがでしょう?

 

 

トニー・ガジアーノとディーン・ガーリング、

二人の「G」による『GAZIANO&GIRLING』。

 

それぞれエドワード・グリーンやクレバリー等、

名だたるシューメーカーでのキャリアの後に立ち上げられた、

気鋭の英国ブランドです。

 

世界各地で精力的にトランクショーを開催し、

多くの靴好きに愛されています。

そして、その高い品質と技術は

既製靴にも惜しみなく反映されているのです。

 

特に、今回ご紹介のこのエプロンダービー。

 

 

適度なボリュームをキープしながらも、全体的にスッキリ。

「外羽根」、「ユーチップ」と聞いて思い浮かべる、

タフでラギッドな感じとは全く違う雰囲気です。

 

 

ダブルソールでありながら

コバの張り出しは控えめで

フラットなウェルトに目付をした

ほのかに趣味性の薫る、おもむき深い底まわりです。

 

使用している木型は[TG73]。

いかにもブリティッシュなスクエアトウが特徴です。

 

ディテールに注目すると、

 

 

まず目に飛び込む、技巧をこらしたステッチ。

熟練の手仕事、精緻の極みです。

 

サイドからも注目。

 

革の継ぎ目が少なく、

片側のトウからサイドウォール、そしてヒールに至るボトムラインは

一枚のパーツを使用しています。

このあたりが全体的にスッキリ見える要因です。

 

さらに羽根まわり。

 

革の厚みを抑えつつ、

ステッチが端のギリギリのところにかかっており、

こうしてもたらされるヴァンプと羽根の一体感も

全体のスマートな印象に寄与しています。

 

さらにいろいろな角度から。

 

 

いかがでしょう。

こうして見てくると、

革自体の厚さが「野暮ったさを感じさせない厚み」で

出し縫いやアッパーのステッチのピッチが「非常に細やか」な

点に気付きます。

 

これは『ガジアーノ&ガーリング』において重要な点です。

つまり、革が

「耐久性を保持しながらも、やわらかくなじみやすい」

ということなのです。

 

粗くて硬い革の場合、端ギリギリに

これほどのピッチでステッチをかけると

ボソボソくずれてしまうそうです。

また、革の表と裏の間に針を通すスキンステッチも然り。

革自体がいかに高品質であるかがうかがい知れます。

 

これが、このエプロンダービーのスマートさの

最大の要因と言えるかもしれません。

 

 

さて

そうなるとやはり、

普段のスーツスタイリングにも取り入れたくなるものです。

シーズンはちょうど秋冬。

起毛感のあるフランネルやツイーディーな素材と合わせて、

ダークスーツに黒靴だけではない、

懐の広さを感じさせるコーディネートがおすすめです。

 

もしドレスコードが許さなければ、そっと

休日にお楽しみいただくのもよろしいかと。

 


GAZIANO & GIRLING モデル名:Isham


  • 素材:Calf
  • 色:Vintage Oak
  • 底材:Single Leather (Oak Bark)
  • 製法:Goodyear
  • ウィズ:E
  • 価格:¥216,000(税込)

Go to top