NEWS, FUTURE

『Soffice&Solid』のまとめ

皆さん、こんにちは。名古屋店スタッフの岩井です。

入社後、私が初めて購入した靴が『ソフィス・アンド・ソリッド』でした。

最初は見た目が気に入って選びましたが、とても履きやすく、

今でも良く履いています。

最初の一足、という事もあって個人的にも非常に思い入れの強いブランドです。

今回は、そんな『ソフィス・アンド・ソリッド』特集をお送りします。

どうぞご覧ください!

 


『Soffice&Solid』

~ソフィス・アンド・ソリッド~


日本靴業界の重鎮ユニオン・ロイヤルと

トレーディングポストのコラボレーションにより

2003年にスタートしたドメスティック・ブランド。

使用しているキメ細かい上質なアッパーと、

包み込むような柔らかな履き心地が魅力。

木型の設計からデザイン、すべてに注力し完成された、

時代性と普遍性という対極の特徴を併せ持った

独自のスタイルが人気のブランド。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

では『ソフィス・アンド・ソリッド』が、何故多くのお客様に支持されているのか。

続いては、同ブランドの特徴をポイントごとにまとめてご紹介します!

 

ポイント①:柔軟性と堅牢さを兼ね備えたボロネーゼ式グッドイヤーウェルト製法

図のように袋仕立てにしているボロネーゼ式の中底にすくい縫いを施した後、

グッドイヤーウェルト製法と同様に出し縫いをかけています。

基本的な構造は、イギリス靴に使われる事の多いグッドイヤーウェルト製法と同じなので、

修理がしやすい作りとなっています。

ただし、グッドイヤーウェルト製法の靴は耐久性には優れているももの、

履き始めの堅さや重たさが欠点となります。

そこで、耐久性では劣るが、イタリア靴に使われる事の多い、

軽く、抜群の返りの良さが魅力のボロネーゼ式を取り入れる事で、

それぞれの製法の長所を生かした柔らかさと強さを併せ持った作りとなっています。

まさにイギリス靴とイタリア靴の良いところを採用したハイブリッドな製法です。

また、この製法を作れるメーカーは世界でもわずか数社と言う高い技術を要する

非常に難しい製法です。

ちなみに、『ソフィス・アンド・ソリッド』と言うブランド名も、

この製法の特徴の柔軟性と堅牢さから付いています。

 

ポイント②:上質なフランス・アノネイ社のカーフを採用

アッパーには、数多くの高級靴メーカーも使用している

フランス・アノネイ社カーフを採用。

表面のキメの細かさだけで無く、素材自体が柔らかく馴染みも良いので、

上記のボロネーゼ式グッドイヤーウェルト製法との相性の良さは言うまでもありません。

また、使用している木型も立体的に設定されている為、

アッパーの革を木型に沿わせるのが難しいとされます。

その事も、柔軟性の高いアノネイ社のカーフを使っている理由の一つでしょう。

 

ポイント③:既成靴とは思えぬ足型に沿った立体的な木型を使用

製法や素材だけでは無く、木型にも拘っています。

特に、現行の木型s49は、それまでの木型との大幅なリニューアルに成功し、

今ではリピート率の高い木型となっています。

元々、足は骨格上、踵の後方が屈曲しており、

特に日本人は踵の屈曲が顕著であると言われています。

そこに目を付けて生まれたのが、後方屈曲木型s49です。


左:従来の木型      右:後方屈曲木型


画像左の従来の木型は、踵・甲とのラインが同一線上に設計されているため、

足が外側に向きます

その為に、足の外側、特に小指の周辺が当たってしまいます

次に、画像右の後方屈曲木型は、踵から甲への直線と

甲から爪先への直線が異なる足型に合わせた設計となっています。

そうする事で、足がバランスの良い位置に収まります

小指の当たりが軽減されるだけではなく、土踏まずから踵にかけてのホールド感も良く、

所謂、日本人の足型に沿った立体的な木型となっています。

 


Soffice & Solid 品番:S102 ※スタッフ私物。現在は販売終了しております。


こちらは、今では珍しい同ブランドの初期モデルです!

すべてはここから始まり、時代と共に進化を重ねた末に現行モデルに辿り着きました。

ユニオン・ロイヤル小田氏との議論を繰り返し、初期モデルのような丸みのある木型から

シャープなドレス寄りの木型に変更。

そして、見た目だけでは無く履き心地面の改良を求め、

小指が当たりにくくなるよう進化したのが現木型となっています。

また、一見変わりなく見えるが、よく見ると独特なパターンメイキングなど、

デザイン性にも優れた仕上がりとなっています。

製法・素材・木型・デザインなど、余す所なくすべてに拘りぬいた末にできあがった一足を、

是非一人でも多くの方に履いてもらいたいです!

 

それでは、現行モデルのラインナップを一挙にご紹介致します。


Soffice & Solid 品番:S701


  • 素材:Annonay
  • 色:Noir(左)、2354(右)
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Bolognese Goodyear
  • 価格:¥56,160(税込)


Soffice & Solid 品番:S702


  • 素材:Annonay
  • 色:Noir(左)、5091(右)
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Bolognese Goodyear
  • 価格:¥56,160(税込)


Soffice & Solid 品番:S707


  • 素材:Annonay(左)、Sciarada(右)
  • 色:Noir(左)、Dark Brown(右)
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Bolognese Goodyear
  • 価格:¥56,160(税込)⇒¥39,960(税込)

※セール商品の為、サイズに限りがあります。予めご了承下さい。


Soffice & Solid 品番:S711


  • 素材:Annonay
  • 色:Noir(左)、5091(右)
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Bolognese Goodyear
  • 価格:¥56,160(税込)⇒¥39,960(税込)

※セール商品の為、サイズに限りがあります。予めご了承下さい。


Soffice & Solid 品番:S712


  • 素材:Annonay
  • 色:Noir
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Bolognese Goodyear
  • 価格:¥56,160(税込)


Soffice & Solid 品番:S713


  • 素材:Annonay
  • 色:Noir
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Bolognese Goodyear
  • 価格:¥56,160(税込)

中には、一部セール商品もありますので、

気になった方はお早めにお問い合わせください!

 

さらに、最後に皆さんにお知らせがあります。

今回ご紹介しました『ソフィス・アンド・ソリッド』は、

今秋に新しく生まれ変わります!

現行モデルをベースに、さらなるバージョンアップを予定しています。

そちらの情報もトピックスにて掲載致しますので、乞うご期待下さい!

Go to top