FEATURE

CARMINA 美しく妖艶なスペインの至宝

地中海西部に浮かぶマヨルカ島。

楽園と称されるこの島にカルミーナの工場はあります。

靴職人である曾祖父から一族の歴史は始まりヨーロッパ随一の規模を誇る靴工場を営んでいたオーナーのホセ・アルバラデホ・プハーダス氏。

そんな氏が世界最高品質の美しいハンドメイドシューズを作るため新たに一から立ち上げたのが最愛の妻の名前を冠したCARMINA SHOEMAKER(カルミーナ・シューメーカー)です。

カルミーナの提案するスタイルはエレガントな美しいドレスシューズで、ウエスト部分のくびれやヒールカップのアールのつけ方など見た目の美しさを構成する要素が足を入れたときに完成するような設計となっています。

その美しさと履きやすさの源となっているのがLAST(木型)です。

 

~LAST~

【 INCA 】

カルミーナの創業地であるINCA(インカ)の名を冠しておりトレーディングポストで最も人気が高くリピーターの多い、ブランド史上最高傑作と言っても過言ではないラストです。

流れるような流線形のフォルムはモダンでエレガントな印象を与えますがノーズの長さをやや短めに設計しているのでクラシカルなスタイルにも対応できる非常に汎用性の高いラストです。

そのためビジネスシーンなどに相性のいいベーシックなデザインに使用することが多く、英国調のカチッとしたスーツからイタリア製の柔らかなジャケットまで合わせる服を選ぶことなくマッチする商品をご用意しています。

 

また見た目よりボールジョイント部がゆったりしており小指が当たる心配が少ないため安心してお履き頂けます。

ゆったりした幅を感じさせないルックスはさすがの仕上がり。

 

しかしウエストとヒールカップで足の後半部をホールドし前ずれすることがないため踵の抜けも抑えが効いています。

さりげなく下に向かって細くなるテーパードヒール仕様になっており後ろ姿も美しく演出してくれます。

 

【COSTITX】

インカのフィッテイングをベースに見た目をエッジの効いたセミスクエアに変更したCOSTITX(クスティチュ)。

トレーディングポストの要望で誕生したもので、よりエレガントでグラマラスなルックスとなっています。

そのため遊びの効いたデザインやムラの強い色気のある素材を使用した商品が多く、ビジネスシーンだけでなく休日のドレスアップスタイルにも相性のいいバランスです。

 

インカのなだらかなそれとは違い非常にメリハリのあるサイドウォール。

足元に立体感が生まれ、素材も相まって靴を主役にしたコーディネートを楽しんでいただけます。

 

 

 

 

~MATERIAL~

【BOX CALF】

最もオーソドックスな素材です。

ドイツのワインハイマー社とフランスのアノネイ社の最高級カーフを使用しています。

 

重厚に鈍く艶のある黒はオックスフォードと相性が良く品格を与えてくれます。

肌理が細かく乳化性クリームとブラッシングだけで十分な艶を保ち、強い張りは美しいシワを生むでしょう。

 

【VEGANO】

アノネイ社のベガノカーフです。

ボックスカーフと違い顔料による仕上げが施されていないので、透明感がありアンティークフィニッシュに向いています。

 

クリームを塗りこむことにより独特の濃淡が生まれ美しくエイジングしていきます。

濃すぎず薄すぎずいい塩梅のこの色はじっくり時間をかけて育てていく事により、新品には出せない味わいが生まれていき共に時間を共有する喜びを与えてくれます。

 

【ANTE CALF】

イギリスのチャールズ・F・ステッド社の高品質なスエードです。

主にスリッポンやブーツなどに使用される起毛素材でお手入れが簡単で扱いやすいというメリットもあります。

 

柔らかくしっとりした質感が特徴でコーディネートに優しい印象を与えてくれます。

起毛素材特有のふわっとした表情はビットローファーやモンクストラップなど金具のついたソリッドなデザインも柔らかな印象に緩和してくれます。

 

【MUSEUM CALF】

イタリアのゾンタ社のカーフです。

大理石のようなマーブル模様のこの革はビッグメゾンも虜にするほどの色気が人気です。

 

見ているだけで楽しくなるような発色の良さと複雑に混じりあう色味はコーディネートの想像を掻き立てます。

光の当たり方の変化や、ワックスで磨き上げてもまた違った表情を見せてくれます。

 

【DEMASQUABLE】

 

繊細な色ムラが美しいカーフはクスティチュのキレのあるシルエットに相性抜群で、他のブランドとは一線を画す存在感を放ちます。

どんな色や素材を纏ってもカルミーナのブランドイメージを現したようなルックスとなり、履く人を格上げしてくれるようなラストです。

そんなカルミーナを様々な表情に変化させるのが豊富な素材です。

 

他にもオイルドレザーやグレインレザーなどのカジュアル素材はもちろん、クロコダイルやリザードなどのエキゾチックレザーなども豊富に所有しています。

 

~SOLE~

通常外注するメーカーが多いソールですがカルミーナはこれも自社で鞣します。

さらに糸目を出さないヒドゥンチャネル仕上げや、控えめなブランドロゴの刻印も入り高級感にあふれています。

 

またドイツの最高級ソールメーカーRendenbach(レンデンバッハ)社のオークバークを使用したモデルもあります。

繊維が密集しているため摩耗に強く耐久性があるにもかかわらず、驚くほど返りが良くて柔らかい。

この一見矛盾した事実は履いた人にだけわかるサプライズと言えます。

 

~COLLECTION~


CARMINA  品番:80204


  • 素材:Box Calf
  • 色:Negro
  • 木型:Inca
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Goodyear
  • ウィズ:E
  • 価格:¥80,300(税込)

カルミーナの粋が詰まったキャップトウ。

ふくよかな足入れ感を思わせないシャープなルックスに長すぎない小ぶりなエッグトウ。

主張しすぎず上品にまとまっているのでどんなスーツでも抜群の相性を発揮してくれます。

 


CARMINA 品番:80169


  • 素材:Box Calf / Vegano
  • 色:Negro / Cuero
  • 木型:Inca
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Goodyear
  • 価格:¥80,300(税込)

一枚の大判な革を贅沢に使用したホールカット。

履き心地を追求した複雑なインカラストを1枚革でここまで立体的に成型した技術の結晶。

その洗練されたルックスはビジネスシーン以外にも結婚式やパーティーなどの華やかな場面に最適。

非日常の空間にすんなり溶け込む究極のドレスシューズです。

 


CARMINA  品番:80168


  • 素材:Box Calf
  • 色:Negro
  • 木型:Inca
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Goodyear
  • ウィズ:E
  • 価格:¥80,300(税込)

控えめな飾り穴が革の切り返し部分のみに配されたクオーターブローグ。

キャップトウの次に挑戦しやすい安心感があります。

均一に施されたパーフォレーションは美しく繊細なカルミーナらしさを表しています。

 


CARMINA 品番:80251


  • 素材:Box Calf
  • 色:Negro
  • 木型:Inca
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Goodyear
  • ウィズ:E
  • 価格:¥80,300(税込)

こちらは前述のクオーターブローグにメダリオンが追加されたセミブローグです。

ジャケパンにも相性が良く、堅いスーツスタイルに少しだけ華やかさをプラスしてくれます。

装飾がついても穴飾り自体は小さめですので軽い印象は持たれず、むしろ気品すら感じさせます。

 


CARMINA 品番:80464


  • 素材:Box Calf
  • 色:Negro / Marron
  • 木型:Costitx
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Goodyear
  • 価格:¥80,300(税込)

ショートノーズスクエアのクスティチュラストのシングルモンクです。

シンプルなデザインがメリハリの効いたラストの立体感を引き立てています。

甲部分に外羽根のような革が配してあるので甲の抑えが良く効いているのが特徴です。

シャンパンゴールドのトノー型バックルも上品で良いアクセントとして機能しています。

 


CARMINA 品番:80755


  • 素材:Museumcalf
  • 色:Marino / Negro / Burdeos / Marron / Chestnut
  • 木型:Costitx
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Goodyear
  • 価格:¥80,300(税込)

大理石のようなマーブル模様が特徴のミュージアムカーフを使用したダブルモンクです。

オーソドックスなキャップタイプとは違いプレーントウになっており、より洗練された印象に。

オーバル型のゴールドバックルが個性的でカルミーナのセンスが光ります。

 

イギリスの堅牢さとイタリアのデザイン性を併せ持つカルミーナ。

毎回新作を楽しみにしているお客様も多く、次はどんな魔法をかけてくれるでしょうか。

これからもますます目が離せない存在になりそうです。

Go to top