NEWS

Crockett&Jones New Collection 

 Crockett&Jones New Collection

新入荷ではありませんが再入荷のお知らせです。

映画007シリーズの「スペクター」の中で6代目ジェームスボンド役であるダニエル・クレイグが劇中で着用した事が切っ掛けで人気に火が付いた「キャンベリー」。

ダニエル・クレイグ は「クロケット&ジョーンズ社」がオフィシャルスポンサーとなる前の作品「スカイフォール」時から着用しており、当時、劇中のワンカットを見せ「ダニエルがクロケットの靴が履けないなら映画に出ないって言ってるらしいんだよね!!」とジョナサン・ジョーンズ社長が嬉しそうにおっしゃっておりました。

シリーズを通し「キャンベリー」以外にも「アレックス」や「テッドベリー」など多くの#348シリーズを着用しております。

ダニエル・クレイグは、ピークドラペルのブラックヘリンボーンのスーツとコーディネート。

スーツにブーツ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが劇中では、バランスよくコーディネートされていました。

この様にスタイルに拘るのではなく、新しいスタイルを作る 6代目ジェームスボンドだからこそ、伝統を受け継ぎながら進化するブランドである「 クロケット&ジョーンズ 」の靴を愛用されるのかもしれませんね。

公開が待たれる最新作も楽しみです。

【Camberley】

Wモンクのブーツはたまに見かけますがキャンベリーの様に足首側にバックルが2つ並んでいるタイプは中々見かけません。

流れるような流線形のシルエット。

カジュアルな印象が強いブーツをエレガントに仕上げるあたり、流石「クロケット&ジョーンズ」。

【last#348】

ダブルバックルブーツをモダンでエレガントに雰囲気に仕立て上げる一番のポイントは、ラスト#348。

2004年に開発された、「クロケット&ジョーンズ」の中でも人気補誇るラストです。

クラシックなラストとは一線を画すエッジの利いたシルエット。

キャンベリーの個性的なデザインと非常にマッチしてます。

別のラストとの組み合わせは考えられません。

エレガントだけではなく、何処となく男らしい色気を引き立てるのがボトムのバランス。

ラストのシルエットやデザインを考えるとスッキリしたシングルソールを組み合わせたくなりますがこちらはダブルソール。

モダンでエレガントな雰囲気にボトムのボリューム感が合わさり「キャンベリー」が完成されます。

堅守なダイナイトソールを装着。

映画撮影でのアクションシーン用の仕様でしょうか?

機会があれば聞いてみたいと思います(笑)。



Crockett & Jones 品番:26121A-C01D1  モデル名:Camberley


  • 素材:Calf
  • 色:Black
  • 底材:Dainite
  • 製法:Goodyear
  • ウィズ:E
  • 価格:¥107,800(税込)