FEATURE

Trading Post × セントラル靴 #1

Trading Post Original
「フォーマル」、「ビジネス」、「カジュアル」
いかなるシーンの「ファッション」においても、、とりわけ革靴は、私達の必需品であり、ロマン溢れる趣味であり、立体の芸術であるに違いない。

 

トレーディングポストは、私達=日本人の「靴人生」の深淵を知り変化する流行・価値観を一早く肌で感じながら、より良い靴を皆様にお届けする為に、世界中の銘靴メイカーとの情報交換や、企画、販売を30年以上に亘り行って参りました。

その中で蓄積した、私達の夢や情熱・こだわりを思い切り注ぎこめるのが、純国産のTrading Post Originalであります。

[セントラル靴]
私達が夢見心地のまま門を叩いても、それを正面から受け止めてくれる、にもにも、そのは国内屈指の靴職人たち。
そして、Trading Post Originalの製造メイカー。

 

 

「浅草」、「下町」、「町工場」
聞けば「和の心」躍るに違いない、そんな空気の中で、Trading Post Originalは作り上げられているのです。

 

 

先日行われた[セントラル靴]でのミーティング後、工房を見学させて頂きました。
何度訪れても「手作業の多さ」を改めて感じさせられるこの工房は、私にとっての「靴の聖地」のひとつ。
この度、靴が出来上がっていく様を皆様にお届けしたく、写真を撮影させて頂きました。

 

 

土踏まず部分は、熟練の職人による釣り込み。
くびれが美しいウェストシェイプに魅了されない男はいないはず。
造形美・履き心地を大きく左右する要と言えます。

 

 

無論ブローグ系の靴には、無数の穴飾りが空いています。
職人さんが一つ一つの穴を作業で、正確に抜いていく様子を見せて頂きました。

 

 

描きで示された旧オリジナル品番のデザイン図は、絵心が高い。
私は靴職人が描く靴の絵を初めて拝見いたしましたが、これも、流石靴職人と言える部分のひとつでしょうか。

 



 

ベルトコンベアやラインシステムなど似合わない、の温もりで満ちた工房では職人達が自陣を組み、それぞれの道具を持ち、役に徹します。

 

 

大量生産・消費の現代から切り離された、陸の孤島のような彼の陣地で、寡黙な職人達の手が動き、靴の形が出来上がっていく。
いびつだった石が時間をかけ川底を転がり、流麗の球体になるように、私達の起こした妄想を、納得の一足に仕上げて頂いています。

 


 

世界の銘靴を取り扱う中で私達が得たものを、Trading Post Originalにフィードバックしたい。

私達のこだわりと、職人の知恵のぶつかり合いによって、この度[セントラル靴]製、Trading Post Original新シリーズが登場致します。

 

 

 

その中でのキーワードが、「グッドイヤーウェルテッド製法」・「英国調クラシック・エレガンス」。
そして、「現代に映えるトラディション」です。
使い勝手がよく頑丈で
所有すること自体が喜びとなるほど恰好よく
時を経ても親しみやすい

そんな靴を作る事が、私たちが自身に課したミッションとなりました。

 

履いて、歩いて、足から感じて頂くのが本望ではあります。
しかし、私たちが詰め込んだ拘りや思い、職人の知恵や技術までも皆様にも是非知って頂きたいと思い、
今回から数回に亘り、新シリーズや[セントラル靴]について紹介させて頂くことと致しました。
是非[セントラル靴]渾身の作品を、ご覧ください。

 

Trading Post

 

【次の記事】

Trading Post × セントラル靴 #2

Go to top