FEATURE

Trading Post × セントラル靴 #3

私達が貫くこだわりと、職人の知恵のぶつかり合いによって、この度[セントラル靴]製のTrading Post Originalに新シリーズが登場致します。

 

前回の記事は、こちらからご覧ください。
#1 工房の訪問と、皆様へのお知らせ
#2 ゼロから作った木型

 

その中でのキーワードが、「グッドイヤーウェルテッド製法」・「英国調クラシック・エレガンス」。
そして、「現代に映えるトラディション」です。
使い勝手よく頑丈、
所有すること自体が喜びとなり、
時を経ても親しみやすい

そんな靴を作ることが、私たちが自身に課したミッションとなりました。

 

 

前回ご紹介致しました渾身の木型、[66]ラストを用いて完成した靴をご覧ください。

 


 

Trading Post Original 品番:1601

 

  • 素材:Calf
  • 色:Black
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Goodyear
  • 価格:¥49,680(税込)
  • [ダークブラウン]も展開予定

 

Trading Post Original 品番:1602

 

  • 素材:Calf
  • 色:Dark Brown
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Goodyear
  • 価格:¥49,680(税込)
  • [ブラック]も展開予定

今回登場したのは、[ストレートチップ(キャップトゥ)]と、[クォーターブローグ]。
「Trading Post Originalの着用は、基本的にビジネスシーン」
従来からご利用下さるお客様のこのようなお声から、デザインを選定致しました。
細部のパターンについては、ラウンドトゥである[66]ラストの丸さや曲線が活きる、「曲線が美しい靴」を作ろうという話が持ち出され、テーマに設定いたしました。

 

 

左:1601(新作)、右:1200(既存品)
曲線が柔らかな、[1601]のレースステイ部分。
フォーマル・ビジネスユースをメインフィールドとする堅実な靴には、ミニマムな個性が必要。
さりげない、優雅なディテールとなっています。
靴の形になると、木型の違いも尚分かりやすくなり、多少のマイナーチェンジではないことがお分かり頂けるかと思います。

 

 

ヒールを横から見た際のふくよかな曲線。
高級靴としての見せ所のひとつであり、履き心地においても重要なピースのひとつであります。

 

 

キャップの大きさ(面積)は時間をかけて吟味致しました。
上から見て、横から見て、それが最も映える地点に一文字を引いています。
6穴のレースステイとも良いバランス。

 

 

[クォーター・ブローグ]のパターン。
穴飾りは小ぶりにし、嫌味がないように。
また、ギンピングを廃することでドレスな雰囲気を高めており、端正な印象に致しました。

 

 

土踏まずのえぐり込みは、靴の曲線の中で非常に大きなポイントの一つ。
側面から見る事ができるこのエレガンスは、高級靴ならではの色気がチラつくカット。

 

 

このえぐり込みはやはり、手釣り込みありきのシルエット。履き心地にダイレクトに働きかけます。
職人の手作業を感じてください。

 

 

甲部分のフィット感には、[66]ラストが特に良く効いています。
既存シリーズをお持ちの方には、是非履き比べて感じて頂きたいところ。
ご紹介致しました通り、今回の木型作成での一番の拘りがここに詰まっています。

 



 

Trading Post Originalを履いて下さるお客様のお声
そして[セントラル靴]をなくしては形にならなかった新作靴が、9月中旬頃より順次、店頭に並びます。
是非、トレーディングポスト各店にお問い合わせください。
そして、その足で感じてみてください。

次回は、新作をもう少し掘り下げてご紹介すると共に、[セントラル靴]の職人さんのお話なども交えながら新作の魅力をお伝えしたいと考えています。

 

Trading Post

 

【次の記事】

Trading Post × セントラル靴 #4

【前回の記事】

Trading Post × セントラル靴 #2

Go to top