Trading Post

Tricker’s 19SS新作紹介ブログ -Part.2-

Tricker’sから2019春夏の新作がトレーディングポスト各店に届きました。

カントリーブーツが代表的な秋冬のイメージも強いブランドですが、

オールシーズン履いて頂く事が出来るローカットタイプの新作が

入荷しています。

 

昨日の第一弾は渋谷店からブックバインダー・カーフを使用した

色味もポップな新作のご紹介でしたが、本日は一転して

渋さ溢れるモデルを名古屋店からご紹介いたします!

 


Tricker’s 品番:M6896 モデル名:MATLOCK


  • 素材:Scotch Grain
  • 色:Black(上), Espresso(下)
  • 底材:Commando Sole
  • 製法:Goodyear
  • 価格:¥81,000(税込)

 

そうです、イミテーションキャップトゥのローカットバージョンが

トレーディングポストのラインナップに今季仲間入りしました。

 

キャップトゥというと皆さんご存じセレモニー用デザインとして

有名ですが、カントリーシューズというカテゴリーにおいても

意外にもキャップトゥがあるのです。

そしてトリッカーズ通にとってはイミテーションキャップトゥ=7ホールタイプが

お馴染みのモデルだと思いますが、

ローカットにもイミテーションキャップが存在します。

 

 

”男らしさ”や”無骨な”というような形容がピッタリくる

組み合わせであるキャップトゥとカントリーの組み合わせ、

しかもステッチのみのイミテーションキャップなので遊びも

効いた佇まいとなっています。履き込むとさらにステッチ部分が

目立つようになってきます。

 

アッパーとソールはイギリス本国での展開とほぼ同じ。

スコッチグレイン・レザーにコマンドソールという

正にヘビーデューティーな仕様。

よく歩く方にはもちろん、これから梅雨時期に向けての1足としても重宝します。

個人的にはコマンドソールのボリュームのある見た目も気に入っています。

 

 

昨日の渋谷店からのご紹介ではカラフルなソックスを合わせた

コーディネイトでしたが、本日は”Matlock”を使って渋めでラフなコーディネイトをご提案。

トレンド継続のダブルポケットのシャツにヴィンテージライクな生地の

トラウザーの組み合わせ。最近トレーディングポスト一部のスタッフの間で

人気の出ている”黒×茶コーディネイト”を意識してみました。

 

 

いかがでしたか?

今季分もトレーディングポストスタッフが長く履けてなおかつ

既にトリッカーズを所有しているお客様にも”おっ、これはチェックしないと!”

と思って頂けるようにと考えてチョイスした新作となっています。

是非、トレーディングポスト各店にてお試しになってみて下さい。

 

スタッフ一同心よりお待ちしております。

Go to top