Trading Post

クロケット&ジョーンズを代表する定番品 Audley & Audley3

英国のシューズファクトリーとして、安定した品質と豊富なラスト(木型)を揃え、数多くの紳士の足元を支えてきたクロケット&ジョーンズ。

そのクロケット&ジョーンズを代表するストレートチップと言えば【AUDLEY(オードリー)】

トレーディングポストでは2種類の【オードリー】をご用意しております。

 

~AUDLEY~


Crockett&Jones 品番:29447A-C01L3D モデル名:AUDLEY


  • 素材:Aniline Calf
  • 色:Black
  • 底材:Single Leather(Oak bark)
  • 製法:Goodyear
  • ウィズ:D
  • 価格:¥96,120(税込)

 

記念すべきファーストモデルの【オードリー】は、完成度が高くロングセラーとなっています。

ラスト(木型)はNo.337を使用。クロケット&ジョーンズのフランス・パリ店でビスポークを制作しているディミトリー・ゴメス氏が木型を監修し、2000年代初頭に制作された#337は通称パリラストと呼ばれています。

そして当時ラインナップになかったストレートチップをトレーディングポストがリクエスト、【オードリー】の誕生となりました。

また一般的な#337はEウィズですが、トレーディングポストでは細身のDウィズを扱っており、フィット感も優れているモデルです。

 

 

角張りすぎないソフトなスクエアトゥは、エレガントな印象に。

絶妙なバランスのセミスクエアは、流行に左右されない気品漂うシルエットとなっています。

 

~AUDLEY3~


Crockett&Jones 品番:25816A-C01L3 モデル名:AUDLEY3


  • 素材:Aniline Calf
  • 色:Black
  • 底材:Single Leather(Oak bark)
  • 製法:Goodyear
  • ウィズ:E
  • 価格:¥96,120(税込)

 

後発モデルとなる【オードリー3】

使用しているラストは#367で、#337のEウィズをベースにウェストを絞り、踵を小振りに改良。日本人は踵が小さい傾向にあり、弊社がリクエストして制作された日本仕様のラストです。

 

 

左:AUDLEY  (LAST337 D)  /  右:AUDLEY3  (LAST367 E)

左右で比べてみました。

ウィズの違いはあるのですが、見た目の顔付きはほぼ変わりません。

 

 

左:AUDLEY  (LAST337 D)  /  右:AUDLEY3  (LAST367 E)

ウェストからヒールにかけてのシェイプの違いがお分かりでしょうか。

スッと伸びたフィッティングが特徴の【オードリー】に対し、

グッと内側を絞った【オードリー3】では土踏まずから踵にかけてホールド感を高めています。

 

 

両モデル共にクロケット&ジョーンズの上級ラインであるHAND GRADE(ハンドグレード)仕様となっています。

アッパーだけでなくライニングのレザーにもこだわり、同色のフルソック(全敷)仕様に。

ソールは出し縫いを露出させないウェルトや底面のチャネリングなど、グッドイヤーウェルト製法ながらスッキリとした見た目に仕上げています。

また、ソールの素材は柔軟性と耐久性を併せ持つオークバークを使用しています。

 

 

基本のストレートチップこそ上質で履き心地も良いこだわりのモデルを。

堅牢な英国靴ながら、エレガントな雰囲気を兼ね備えたクロケット&ジョーンズの【オードリー】シリーズ。

定番モデルとしてオススメです。