Trading Post

2019 Autumn&Winter New Collection vol.2

今シーズンの「クロケット&ジョーンズ」の新作をご紹介する2019 Autumn & Winter New Collection。

vol.2の今回ご紹介するのが・・・。

【NEWBY(ニュービー)】

出張や商談など、歩き回る事が多い私にとってタフに使えるカントリーシューズは強い相棒です。

普段、ドレカジスタイルが多いのでフルブローグのカントリーシューズを着用する事も多いのですが、少しカジュアル感が強いのが気掛かりな所。

そこで「クロケット&ジョーンズ」へ制作を依頼したのが、フルブローグよりも”少し”落ち着いた印象のセミブローグのカントリーシューズ。

その名も【NEWBY(ニュービー)】。

【LAST:#375】

つま先を少し長めにし、エレガントな印象なカントリーシューズが「クロケット&ジョーンズ」の最近の流れでしたが、今回はカントリーシューズの原点に返り、クラシックなラウンドのシルエットを選びました。

「ニュービー」で使用している#375ラストは、タッセルローファーの人気モデル「キャベンディッシュ3」で使用している事でも有名。

クラシックな見た目ですが絞られたウェストと小振りな踵が特徴的なラストなので、見た目はクラシックですが履き心地はクラシックなカントリーシューズよりも大きく改良されています。

【Semi-Brogue・Derby】

ドレカジ使いを意識しつつ、カントリーらしさも残したい。

パンチキャップも候補に上がりましたが、カジュアル使いをするにはスッキリし過ぎる。

そこで選んだのがセミブローグです。

カントリーらしく仕上げる為に勿論、羽根部分はダービースタイル(外羽根式)。

私も色々なカントリーシューズを所有していますが、セミブローグのカントリーシューズは所有していない事も決め手のひとつです。

【Material】

カントリーなのでグレインレザーといきたい所ですが・・・ビジネスシーンで使う事も想定し、今回はカーフを選びました。

カントリーらしい雰囲気ながらカーフにする事で落ち着いた印象に。

【Bottom】

底周りは、ストームウェルト+ダイナイトソール、そしてダブルソールとカントリー感満載です。

底材は、堅守でありながらスッキリとした印象にする為にダイナイトソールを使用しております。

カントリーシューズの堅守な作りが、歩き回る事の多い私にとって強い相棒であり、カントリーシューズの魅力です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Crockett & Jones 品番:C&J20103A-C01D1  モデル名:NEWBY


  • 素材:Aniline Calf
  • 色:Black
  • 底材:Dainite
  • 製法:Goodyear
  • ウィズ:E
  • 価格:¥96,120-(税込)


Crockett & Jones 品番:C&J20103A-B02D2 モデル名:NEWBY


  • 素材:Burnished Calf
  • 色:Dark Brown
  • 底材:Dainite
  • 製法:Goodyear
  • ウィズ:E
  • 価格:¥96,120-(税込)

如何でしたでしょうか?

2019 Autumn & Winter New Collection Vol.3もご期待下さい。

Go to top