青山本店

Enjoy shoe life (タナカさん)

トレーディングポスト

渋谷店店長 / エリアアドバイザー

田中茂雄さん

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

こんなTPトリビアはご存知ですか??

 

 

“トレーディングポストはアレン・エドモンズを始めレッドウイングやフライ、アンソーンなどMADE IN U.S.Aの靴を多く取り扱う、アメリカ色の強いお店だった・・・・・・・!!”

 

 

と、↑のトリビアをヤマギシに教えてくれた人が、今回ご紹介する田中店長。(いつも呼んでる呼び方)

現在、トレーディングポスト渋谷店店長とエリアアドバイザーを兼任しております。

 

ちなみに最初のトリビアですが、今からおおよそ20数年以上前のことだそうです。

現在のTP取り扱いメーカーから考えると、だいぶイメージが違う印象ですが、皆様はどう感じたでしょう??

ところでなぜ田中店長がこんなことを知っていたかといいますと、実はトレーディングポスト歴22年のベテランで、革靴ブーム全盛期以前からのトレーディングポストをよく知る人だからです。以前一緒の店舗で働いていたヤマギシは、様々な語らいをさせていただいており、“革靴とは~”、“どんな洋服が好き~”、“TPヒストリーとは~笑”、みたいな話を楽しんでいました。

 

しかし、その中でも一番衝撃だったのは、数十年前にトレーディングポストネームでの生産を依頼したメーカーの数々!!

 

 

「昔はA.サージェント製のオリジナルもあったんだよ~。」(←驚き!!)

 

 

なんて、あっさりとした感じで教えてくれたのですが、笑 個人的にはかなりビックリ。その他、当時まだ有名では無かった“クロケット&ジョーンズ”・“トリッカーズ”・“カルミーナ”でのオリジナル生産や、今はなき実力派メーカー“英:テクニック社”(←ちょっとマニアック)でもオリジナル商品の生産を依頼していたそうです。(相当な目利き?!)

 

 

ちなみに当時のトレーディングポストの印象はどんな感じだったか聞いてみると・・・、

 

 

「クロケットやトリッカーズ、アレンエドモンズといった本格的な革靴のセレクトショップのイメージは既に靴好きの間では定着していたけど、いざ入社するといろいろなテイストの商品を扱っていてびっくりしたのがまず最初の印象。若いスタッフは知らないと思うけど、ブッテロやボエモス、アイランドスリッパなんかもメジャーになる前にいち早く取り扱ってたんですよ! まあ、ちょっと早過ぎたのかも知れないけど 笑」

 

 

 

 

そんな田中店長。

TP以外の過去歴史や文化にもあれこれ詳しいのですが、ご本人は正真正銘の未来人で頭の中は基本Future。

靴やファッション・カルチャーなど様々な話をしている時の会話は“これからは~こう”とか、“こうなっていく”、“こうなっていきたい”等の発言で未来を占います。笑 ヤマギシ的には楽しませてもらってる反面、まーたそんなこと言って~。。と、心の中で叫んでいるのは内諸ですが、人知れず3~5年以内に実現しているのが不思議。(気のせいかも。笑)

そして田中店長のshoe lifeの原点は、当時働いていた古着屋さん(←主にヨーロッパ服・靴中心)だったんですよね。

 

 

「どんな紹介のしかた?!笑 でも原点はそうですね!服も靴も含めてファッション全般や音楽(特にイギリス)に興味が有ったんだけど、モノじゃなくてヒューマンを考えた時に革靴の販売員って年齢が上がれば上がるほど格好良いイメージで・・・そんな自分の未来が見えました。」

 

 

たしかに!海外で革靴の販売をしている人々は、比較的ベテラン勢が多いような気がします。当時見た未来は今実現していますね。笑

ちなみに店頭ではスーツだけではなくて、様々な洋服を楽しんでいると感じるのですが??

 

 

「革靴という単体ももちろん好きなんだけど、その靴をどういう服に合わせるかとか、どうやったら新しく見えるかなんてことを考えるのが楽しくて良く考えてます。 トレーディングポストをご利用いただく皆様にも、そんな楽しみを共有したり、革靴も含めたファッション全般の新たな発見をお手伝いさせていただけたら嬉しいなと。」

 

 

その通りですね!笑 ちなみに以前、革靴(革物)はホンモノ思考なんて話もしていました。

っていうのは、やはりちょっとお値段が張ってもちゃんとしたイイモノが欲しいってことなんですか?

 

 

「洋服ももちろんホンモノ思考なんですけど(笑)、場合によっては全てがお値段張るものじゃなくて、全体のバランスで上手くカバー出来たりするのがお洒落って考え方もあります。もちろん価格だけで良い悪いってことではないんだけど。。。でも、やっぱり革靴はごまかせない!笑 足元だけどファッションでは全体を上手く締める重要なポイントだし、素材の雰囲気や作りが出す高級感はやはりホンモノに拘りたいと思わせます。それこそ“足元を見られる”なんていうこともありますよ!」

 

 

 

 

ところで、田中店長ってパンツたくさん持ってますよね?色んな柄や太さの・・・・笑

 

 

「ご名答!笑 結局何本持ってるかなぁ。。。 個人的にパンツの太さや柄は革靴を合わせるのにとても密接していると思っています。特にパンツの太さは重要!」

 

 

やっぱり!笑 でも、たしかにパンツの印象って全体のバランスが変わる重要な役目を果たしていますよね。

特にパンツの裾と靴の関係は、パンツと足元を繋げる大事な部分だと思うのですが、靴の選び方はどうしてるんですか?

 

 

「ちなみに今日はいてるパンツは裾幅25cmぐらいあると思うんだけど、それに合わせる靴で見た目の印象変わります。特にアウトソールのボリューム感は意識するかな?ソールがシングルかダブルソールかスペードソールかでだいぶ印象は変わる。今回のはダブルソールなんだけど内羽根式と言う絶妙なバランスの靴を選びました。」

 

裾被ってて、靴が見えないので、何履いてるか教えて下さい!!笑

 

 

 

「ごめん!!笑 今日、履いているのはCARMINA(カルミーナ)の80443。360°フルウエルトのバランスやメダリオンのデザイン等、どこのお国にも属さない無国籍感がたまりません。 あとは上質で正統派なんだけど、ちょっとした遊び心があるなんてモノにはとても心惹かれてしまうので、このカルミーナもそんな雰囲気を感じました!笑」

 

それでは最後にこれから履きたい靴や、着たい服はありますか?

 

「フレアパンツ!が最近気になる。。。靴は思案中なんだけどフレアパンツに合うバランスの木型で素材はクロコとか!?笑」

 

 

・・・・ヤマギシの想像をはるかに超えていました!笑

 

ということで、田中店長ありがとうございました!!

またガード下でお酒を酌み交わしながら革靴の話やフューチャー話で盛り上がりましょう。

そのときはもうちょっと近い未来も教えてくださいね。笑

 

 

次回は、トレーディングポストのスタッフではない人をご紹介予定?お楽しみに!!

 


オフショット

撮影中・・・・気を抜くとまた未来を見ています。笑

 

■毎週水曜日、女性のお客様限定で青山本店で靴磨き!! 

■Trading Post ladies’公式インスタグラム

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

Trading Post 青山本店

東京都渋谷区神宮前3-1-30 HSビル 1F
℡.03-5474-8725   open 11:00~close 20:00

●Trading Post AOYAMA Shop Info●

 

トレーディングポスト青山本店は、外苑西通り沿いにございます。

トレーディングポストで最大の売場面積と商品点数を誇り、その中で世界の銘靴をお選び頂けます。

東京メトロ「表参道」A3番出口より徒歩10分・東京メトロ銀座線「外苑前」3番出口より徒歩5分となっております。

※お車でお越しのお客様は、近隣に路上パーキング・コインパーキングもございます。

【青山本店・前回の記事】

Enjoy shoe life (ムライさん)

Go to top