青山本店

そろそろトリッカーズが履きたくなる季節

皆様、こんにちは。青山本店の田中です。

今年の夏は本当に暑かったですが、やっと少し涼しくなってきましたね。涼しくなってくると靴屋的に気になるのが”ブーツ””穴飾り””カントリー”といったキーワードですが、そんなキーワードをすべて満たすモデルであるトリッカーズの【モールトン】を今回はご紹介致します。

 

先日、お客様からトリッカーズについてのお問い合わせがあったのですが、移転後の青山本店のビジュアルイメージがモダンで”シュッとした”印象なのでトリッカーズを置いていないでのはないかと思われたそうです。モダンな外観と内装ですが、安心してください。置いてますよ!

 

 


TRICKER’S 品番:M2508 モデル名:MALTON


  • 素材:Calf
  • 色:Acorn
  • 底材:Dainite
  • 製法:Goodyear
  • ウィズ:5
  • 価格:¥88,000(税込)

 

言わずと知れたトリッカーズの【モールトン】。最近はローカットの【バートン】も人気ですが、こちらのブローグブーツはトレーディングポストの全ラインナップの中でも常に変わらない人気で定番中の定番と言えます。

 

元々は濡れた場所を歩行する際、排水しやすいように施されたと言われるブローギング。現在は装飾としての意味合いが強いのですが、トリッカーズのカントリーは本来の名残を残したようなしっかりとした大きさでパンチングされています。

 

カントリー特有の武骨な印象なのですが、アメリカ系のワークブーツと比べると要所要所にドレスシューズの要素がある事や使用されている上質な素材によって佇まいに品があります。

 

個人的には、タン裏に付けられたメーカーロゴと誇らしげなENGLANDの赤文字が何とも英国っぽい感じがして気に入っています。

 

定番(ご紹介のエイコン以外にブラックとマロンがございます)で展開しているカラーのライニングはヌメ革。吸湿性に優れ足当たりが柔らかくなりやすいのが特長。徐々に飴色に変化していくのも楽しいですよ。

 

こちらは私物のモールトンのエイコンカラー。しばらく履いていない時期はありますが8~9年位(アバウトですみません。。。)履いています。正直あまり手入れしていないのでお恥ずかしいのですが、「エイコンって手入れが面倒そうだな」なんて思ってらっしゃるお客様に参考になればと思い登場させました。

 

なかなか取れない汚れがついてしまった時は落ち込みましたが、段々味として捉えられるのもトリッカーズの良さだと思います。

 

左が新品で右が私物です。私物を履いている時はそんなに色が変わっていない気がしていましたが、比較すると色が明るくなっているのが分かります。ちなみに私物は時々コニャック系(普段はMARRONに使用する色味)のシュークリームを塗っています。ラストも全く同じなのですが、履き込むとヴァンプ部のシワなどでフォルムのメリハリがよりはっきりします。「トリッカーズは履き込むほうが格好良くなる」と言われるのは、革のエイジング以外にもそのような変化も大きいと思います。

 

 


TRICKER’S 品番:L5411


  • 素材:Calf
  • 色:Acorn
  • 底材:Leather
  • 製法:Goodyear
  • ウィズ:4
  • 価格:¥84,700(税込)

ご存知のお客様も多いと思いますがレディースも展開がございます。パンチングの大きさやソールの厚さがメンズと違うので、レディースになると独特の可愛さがプラスされます。

 

今回は定番の【モールトン】をご紹介しましたが、当店ではトリッカーズのモンキーブーツやサイドゴアブーツも展開しています。お電話でのお問い合わせも歓迎致しますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

Trading Post 青山本店

東京都港区北青山3-5-2 PVB AOYAMA 1F/2F
℡.03-5474-8725   open 11:30~close 20:00
●Trading Post AOYAMA Shop Info●

 

【青山本店が移転しました】

トレーディングポスト青山本店は東京メトロ表参道駅と外苑前の中間、青山通りに程近い場所にございます。

トレーディングポスト史上初のメゾネットタイプの店内はワインセラーをモチーフにしたモダンでラグジュアリーな空間。

青山本店だけの貴重な1足もご用意しておりますのでぜひ世界の銘靴をお試しにいらしてください。

東京メトロ「表参道」A3番出口より徒歩5分となっております。

 

 

【青山本店・前回の記事】

CROCKETT&JONES モアバリエーション Part 3

【合わせて読みたい】

トリッカーズ 190周年モデル

Go to top