京都店

Englishman In Japan

ドレスコードの乱れを嘆くという、とある会話を漏れ聞く。

「自分の方がどうかしているのか?」

 

どうやら

ひとりだけキチンとしていると、

「ちょっとした異邦人気分にさせられる」

との事、

そこで思いついた今回のタイトル。

 

約30年前の歌詞ですが、気付いた方だけ……ニヤッ!

 

さておき、ドレスコード。

 

自分のようなズルい大人的には、現実的に考えて

だらしないのも

ツッパリすぎも

ほどほどに、というのが

落としどころでしょうか。

 

ということで

こちら。

 

 

『クロケット&ジョーンズ』のキャップトウ、[オードリー]

あの頃にはなかった、イングリッシュ・シューズ。

 

まず間違いはないでしょう。

 

声高な主張はしないけれども、ちょっと良い靴。

 

ツマラナイ?

いえいえ、それでいいんです。

使い分けが肝要。

 

 

まず見た目がソフト。

肩ひじ張らない、カドをたてない

これが大事。

 

 

エレガントな流線でしょう?

 

このラインに、どことなくフレンチ風味を感じた方、

ご名答です。

 

ラスト(木型)No.337

約15年前にパリで生まれた木型。

 

このラストが『クロケット&ジョーンズ』の

ハンドグレード・コレクションに加えられた当初、

キャップトウがラインナップに無かったため

作ってもらったのがこの[オードリー]。

 

シャープに見えますか?

 

意外に履き心地もソフトですよ。

これも大事なところ。

 

 

フワリと包み込まれる感覚。

 

あちこち押さえつけない、

締めつけない。

 

ピンポイントではなく、

革質や形状を含めた全体として

ソフトなフィット感をもたらします。

 

 

どんな足形でも優しくオブラートに包んでくれる。

(言ってる事はヒドイですが……!)

 

ラクしてカッコよく見せる、

クレバーな大人の足元演出術。

 

現在の 悩める Englishman In Japan にささげる一足です。

 


CROCKETT & JONES 品番:9447 モデル名:AUDLEY


  • 素材:Aniline Calf
  • 色:Black
  • 底材:Single Leather(Oak bark)
  • 製法:Goodyear
  • ウィズ:D
  • 価格:¥96,120(税込)

 

 

皆さまのご来店お待ちしております。