京都店

『Soffice&Solid』新作フェア Vol.3


4/1 (Mon)~4/14(Sun)
トレーディングポスト全店にて
【Soffice&Solid 新作フェア】を開催中!

期間中にソフィス・アンド・ソリッドをお買上のお客様に
メーカー特製のペネトレイトブラシをプレゼント致します!
※数に限りがありますので、無くなり次第終了とさせていただきます。
予めご了承ください。


ソフィス・アンド・ソリッドの新シリーズのラインナップを代表店舗よりご紹介するリレーブログ、
第3回は京都店よりこちらをご紹介致します。

 


Soffice & Solid 品番:S802


  • 素材:Annonay Calf
  • 色: Noir(Black)(左)、5091 (Brown)(右)
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Bolognese Goodyear
  • 価格:¥58,320(税込)

 


Soffice & Solid 品番:S802


  • 素材:Annonay Calf+Suede
  • 色:Noir(Black)+Noir (Black)
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Bolognese Goodyear
  • 価格:¥58,320(税込)

 

 

素材・製法・木型にも拘りぬいたドメスティックブランド、ソフィス・アンド・ソリッド。

 

適度に厚みのある底周りは風格のある顔立ち。

 

 

垂直に立ち上がった側面や前方の高さを落としたチゼル風のトウは、

知性を感じさせるエレガントさを醸し出します。

 

 

個性的なパターンでありながら、落ち着いた表情。

是非とも普段のローテーションに加えて頂きたいデザインです。

 

 

総じて、エレガント。

色気はありつつも、嫌味のないシルエット。

 

 

知性を感じさせる、端正な面構え。

「スクエアトウは自分のキャラに合わない」と思っておりましたが、

ただの食わず嫌いである事を思い知らされる程、完成度の高い一足です。

 

そして、ソフィス・アンド・ソリッドをお勧めさせて頂く要因は、

その見た目だけではございません。

 

まずはその製法。

世界的に見ても非常に珍しいボロネーゼ式グッドイヤー製法で作られた靴は、

グッドイヤー製法の丈夫さとボロネーゼ製法の足を包み込むような柔らかい履き心地が特徴。

 

また使用されている木型。

日本人の足型に沿った形で、小指が当たりにくいように開発された立体的な木型は、

シャープな見た目とは裏腹にストレスなくお召し頂けます。

 

 

正直申し上げまして、作り手にとっては、

足なりに曲がった形に靴を成形し、作り上げていく行程は

非常に手間のかかる作業だと思います。

しかしその手間を惜しんで作り上げるからこそ、

この包み込まれるような履き心地が生まれるのです。

 

 

モノづくりにおける手間は、素敵な小説における行間のようなものだと思うのです。

行間に込められた筆者の想いは、一読しただけでは気付きにくいですが、

それを読み解いた時、ストーリーは色鮮やかになり、とても満たされた気持ちになります。

ソフィス・アンド・ソリッドの靴もソレに近いニュアンスを持ち合わせています。

 

 

モノづくりにおける手間には、パッと見では気付きにくいストーリーが隠されています。

皆さまも、この「手間」に思いを馳せて頂ければ、大変嬉しゅうございます。