京都店

靴への愛が止まらない ~オリジナル・モンクストラップ~

今回は私が愛してやまない一足のご紹介です。

 

 

こちらは昨年の秋に登場した、TRADING POST ORIGINAL(トレーディングポスト・オリジナル)のシングルモンクストラップ。

 

素材は英国 Charles F Stead(C.F.ステッド社)の Kudu Reverse というスエードを使用しています。

 

 

シンプルですね。

 

はい、ひとめぼれ でした。

 

 

 

はっきり言って、愛しています。

 

 

 

どこが?と問われたなら、もう全部。

 

 

こういう、見えないところまで。

 

 

 

前半分はグッドイヤーウェルテッド製法なのですが、踏まず部分はマッケイ製法。

 

うすくて細い くびれが きれいです。

 

うっすらと見える、尾根のような フィドルバック の稜線にも ほれぼれします。

 

 

 

いきなりマニアック視点で ドン引き されそうですね。

 

 

 

もちろん、顔つきも好きです。

 

 

良い形しています。

 

とくに指の付け根あたりの低さがたまらないです。

 

指まわりに過剰な空間ができないので、見た目も履き心地も無駄を感じません。

 

 

 

あと、後ろ姿も。

 

 

かかとに継ぎ目がない シームレス仕様により、ヒールカップの小さな丸みが強調されています。

 

 

 

この Kudu Reverse、元々もっと厚みがあるため薄く加工されていて、しなやかですがスエードにしてはコシがしっかりしており、よくここまでなめらかな曲面に仕立てられたものだと感心。

 

ちなみに Kudu とはアフリカのウシ科動物。家畜ではなく野生なので革になっても たくましさが違うのかもしれませんね。

 

実際、革の表にはシワや傷がたくさんついており、とてもワイルドな表情だとか。

 

それなのに、裏面からは こんなに こまやかでビロードのような毛足のスエードがあらわれるというのです。

 

 

 

指でなぞると毛足の流れが変わりますね。

 

 

 

洋服でいうと微光沢のフランネルのような、しっかり打ち込まれていてそこそこ重量がありながらも、くったりとぬめりを感じさせる生地。

 

触れた感触は、スパゲッティならアルデンテ、うどん であれば讃岐。

 

フニャフニャではなく、弾力とコシがしっかりしていて安心感があります。

 

さすが野生です。

 

そんな野趣あふれる素材も、きれいな木型にのせるとドレッシーな雰囲気に。

 

 

 

もう 好きです、 ほんと。

 

 

まあ、履いたら細かいところは何も見えないのですが。

 

 

 

それでも履くたびに ウキウキしています。

 

靴への愛が止まりません。

 

 

 

 

 

さいごになりましたが、こちらは メイド・イン・浅草。

 

熟練職人の腕をもってしても最大で月産20足といわれる、トレーディングポスト・オリジナル「プレステージコレクション」の一足です。

 

既成靴ですが、ビスポーク靴的ディテールと日本人好みのフィッティングなど、こだわりが満載。

 

見た目の美しさと履き心地の良さを追求した、渾身の一足となっております。

 

ぜひ店頭でもお手にとってご覧くださいませ。

 

 


Trading Post Original 品番:TP1992


  • 素材:Kudu
  • 色:Black
  • 底材:Single Leather
  • 製法:Goodyear/Mckay
  • 木型:66
  • 価格:¥77,000(税込)

▼Trading Post 公式通販はこちら▼

▼ANTONIO RUFO 公式通販はこちら▼

▼Trading Post ZOZOTOWN店はこちら▼

▼Trading Post YouTubeはこちら▼

▼tradingpost_official Instagramはこちら▼

▼tradingpost_store Instagramはこちら▼

▼tradingpost_aoyamasalon Instagramはこちら▼

▼tradingpost_ladies Instagramはこちら▼

【京都店・前回の記事】

CROCKETT&JONES 007 MODEL COLLECTION VOL.3[L] – Trading Post

Go to top