ローリングダブトリオのクラシックなサイドジップブーツ – Trading Post 良い革靴が見つかるセレクトショップ

渋谷店

ローリングダブトリオのクラシックなサイドジップブーツ

~トレーディングポストラギットストア渋谷店~

トレーディングポストラギットストアは渋谷に店を構える革靴屋です!

ワーク・ミリタリー・カントリーを根幹のテーマに掲げカジュアルメインの品揃えとなっております!(ドレスシューズも少しありますよ!)

今まで取り扱ってきたトリッカーズ、クロケット&ジョーンズ、サンダース等の定番品に加え、ラギットストア限定で展開するローリングダブトリオ、ブラザーブリッジ、マニュファクチャーズ スタンダードというアメカジ好きも唸るブランドも並びます!

靴磨きにおけるシューケア用品や修理に関してのアフターケアも承っておりますので是非お気軽にご相談ください。

 


 

皆さまこんにちは!

ラギットストア渋谷店の九島です。

 

今回はローリングダブトリオ(ROLLING DUB TRIO)から発売されたばかりのサイドジップーツをご紹介をさせていただきます!!

 

※ラギットストア渋谷店のインスタグラムのアカウントではいち早く新作等をご紹介していますのでご存知の方も多いかもしれませんね。

フォローまだの方は是非宜しくお願いいたします!!

↓↓↓

▼tradingpost rugeddstore Instagramはこちら▼


 

ナローなシルエットのクラシックなサイドジップブーツ

 


ROLLING DUB TRIO モデル:GLEANERS ZIP


  • 素材:BOX CALF
  • 色:BLACK
  • 底材:VIBRAM #269
  • 製法:DIRECT GOODYEAR
  • 価格:¥99,000(税込)

 

今回ご紹介のこちらのブーツはトレーディングポストではラギットストア渋谷店限定の商品となっております。

ベースはウエスタンブーツとなっています。

こんなサイドジップブーツを探していたんだ!!っていう人も少なくはないのでは?

さて、早速細かく見ていきましょう。

 

美しいカーブヒールときめ細かな日本製のボックスカーフ

 

 

今までのトレーディングポストで扱ってる靴ではなかなか見る事がなかった形状のヒールとなっています。

ウエスタンブーツやエンジニアブーツなんかでよく使われていますよね。

ではなぜヒールにこのようなカーブを付けているのかというお話をさせていただきます!

 

起源は馬に乗る為の乗馬ブーツです。

かかとを高くしカーブヒールにすることにより落馬時に鐙(乗馬時に足をかけると器具)に足が絡まらないようにする工夫の一つだそうです。

今ではデザインの一つとなっていまね!

 

アッパーに使われている革は日本製のBOX CALFが採用されています。

出し縫い(底との縫い)がシングルステッチになっている為、ドレスっぽさを残す為にオイルドレザーではなくBOX CALFが採用されている様です。

耐久性も考えられしっかり厚みのある革なので最初の硬さは感じると思いますが計算され作られたヒールカップや柔らかなライニングを使用する事により抜群の履き心地が実現されました。

履いた時の包みこまれている感がすごく是非お試しいただきたい!

 

 

耐久性、耐水性、歩行性も重視したVIBRAM#269

 

 

耐久性、耐水性、歩行性を重視しこのソールが選ばれました。

こちらのソールは元々ウエスタンブーツ用に開発されたようです。

裏面からだと少しわかりにくいのですがこちらのソールは踏まず部分が薄くなっており横から見た時にハーフミッドソールの様な見た目になります。

 

 

このパーツと上記でご説明させていただいたカーブヒールの相性がすごく良いです。

素材自体柔らかさがありグリップ力が高くなっています。

 

オリジナルのラバーヒール

 

 

一見ビンテージの靴に使われているヒールパーツのように見えます。

枯山水をイメージされ作られたという。

日本の文化も織り交ぜて考えられています。

自社オリジナルでここまでこだわったものを作られるなんて、、

流石としか言えませんね。

見た目はもちろんのこと耐久性にも定評があります。

 

 

細部までこだわったオリジナルの引き手

 

 

ジップ部分はYKKエクセラを採用。

通常のジップと違い密閉度が高く、風や水の侵入を防いでくれる最高級ラインの物になります。

更によーく見て下さい!

写真だと分かりずらいのですが引き手には『ROLLING DUB TRIO』と!!

こんな細部にまで詰め込まれたこだわり。

知れば知るほどこだわり抜かれていますよねこのブーツ。

 

そろそろ履いてみたくなってきたのでは!?

 

さて、お次は実際に履いてみるとどういった見た目になるか気になりますよね?

一戸店長に履いてもらいました!!

 

コーディネート

 

一戸:なんでこの写真使ったの?動いている途中だと思うんだけど!

九島:面白いからこの写真使おうって言ったの一戸店長ですよね?忘れましたか?

一戸:すいません。調子乗ってしまって。芸術家っぽくていいかなと思いまして。

九島:芸術家ってカーディガンの柄の事ですか?

一戸:違うよ!手の動きだよー!カーディガンの柄は「心を燃やせ」というテーマで買いました。カーディガンはロックなイメージなんだよね。

九島:何か自分の中でテーマを決めて買い物をするのはイイですよね。テンションも上がりますし。

一戸:ヒールが高いから少し大人っぽい印象になりますね。ま、実際いい年なんですが(笑)

九島:NEW一戸店長って感じですね。最近ウエスタンな服装する事が多いから似合いますね!この靴はウエスタンブーツ過ぎない感じですごく合わせやすそうですね。

一戸:そうだね。革もボックスカーフを使っているから艶っぽさもあるよね。

九島:この雰囲気のブーツにあえてボックスカーフを持ってくるところなんか流石ですよね。

 

一戸:なんか足細いね(笑)

九島:上半身がでかいからあれですけど、一戸店長手足は細いですよね。足元だけ見ると別人ですよね。

一戸:あれってなんだよ(笑)。やっぱり横から見ると踏まず部分のソールが薄くなってるのが分かるね。

九島:メリハリが効いていてかっこいいブーツですよね。細部までこだわり抜かれているのが一目でわかります。

 

一戸:ジップブーツ持ってないけど非常に履きやすいね。それでいてフィット感も良い感じ。

九島:慣れたらこのブーツばっかり履きそうですよね。脱ぎ履きも楽で。

一戸:今までになかったテイストだからラインナップに加わったのが嬉しいよ!

九島:そうですね!この店に来てもらったら色んな種類のブーツが見れる!ブーツを買うならここだよね!って言ってもらえるように頑張っていきましょう!

一戸:はい!!なんか逆な気がするけど、、、はい!!

 

いかがでしたか?

今回は発売開始されたばかりのGLEANERSのご紹介でした!

次回は再入荷のあったCOUPENの記事を書いてみたいと思います。

それではこの辺で失礼します。

 


 

トレーディングポストラギットストア渋谷店では、当店の商品だけではなく他店でのご購入の商品でも常時修理をお受けしています。

また、お預かりした修理靴は店舗にてメンテナンスをしてお返しいたします。

詳しくは、スタッフまでお問い合わせください。

 


 

▼Trading Post 公式通販はこちら▼

▼ANTONIO RUFO 公式通販はこちら▼

▼Trading Post ZOZOTOWN店はこちら▼

▼Trading Post YouTubeはこちら▼

▼tradingpost_official Instagramはこちら▼

▼tradingpost_store Instagramはこちら▼

▼tradingpost_aoyamasalon Instagramはこちら▼

▼tradingpost_ladies Instagramはこちら▼

▼tradingpost rugeddstore Instagramはこちら▼

Go to top