Trading Post

2018F/W Rubber Sole Fair

9月22日(Sat)~9月30日(Sun)までトレーディングポスト全店でラバーソールフェアを開催中!!

 

皆さん、こんにちは。

日中はまだまだ汗ばむ陽気ですが、朝晩は気温も下がり

ずいぶんと過ごしやすくなりましたね。

一方で季節の変わり目ということもありのどんよりとした雨模様。

こんな雨模様の際、皆さんはどのような靴を選ばれますか?

使い込んだ靴、またはスエード靴と様々なスタイルで雨の日を楽しんでいらっしゃると思います。

ここでトレーディングポストが提案するのはユニオンロイヤルとの共同企画で生まれた『究極のラバーソール』

高機能な撥水レザーそして足に沿う履き心地の二つを兼ね備えた究極のラバーソール。

実際にこのぐらい水をはじきます。

ユニオンウォータープルーフとは

なめしの段階で、撥水剤を革の組織のなかに強固に固着させることで

通気性や透湿性を損なうことなく撥水効果が永続的に維持しすることが特徴。

また、表面をコーティングしているだけの一般撥水レザーは、

摩擦等で表面の撥水剤が取れていくにしたがい効果は弱まっていきます。

この点が通常のレザーとの大きな違いになります。

※製法上縫い合わせているため、完全防水とは謳えませんが、水溜まりの中を歩かなければ問題ありません。

このように通常のレザーはすぐに水が浸透してきます。

 

ケア方法

表面加工の撥水レザーの場合クリーナーをかけたりすることで徐々に撥水力が弱まってしまうケースが多いですが、

ユニオンウォータープルーフレザーの場合、通常通りのケア方法で問題ありません。

クリームも浸透し、革本来のエイジングも楽しんで頂けます。

本来の足形に近い形状を形成することで生まれた拘りのラストとは

前方と後方で中心を分け、甲の設計を左右非対称にすることで、本来の足形に近い形状になります。

甲を低く設計し、更にウエスト絞ることで甲周りのフィット感が生まれ、

靴の中で足がずれにくく、踵の浮きも軽減してくれます。

そして、体重がかかることで起こる小指側面の当たりも、

指先のゆとりを大きく持たせることで足先にかかるストレスを軽減することができます。

 

堅守なダイナイトソール

ハルボロラバー社のスタッデッドソール[通称ダイナイトソール]を使用。

耐摩耗性が良く、グリップ力の高い素材になっています。

 

ユニオンウォータープルーフレザーを使用したバリエーションはこちら。

 


TradingPost Original 品番:T601


  • 素材:Union WP
  • 色:Black
  • 底材:Single Dainite
  • 製法:Goodyear
  • 価格:¥48,600(税込)


TradingPost Original 品番:T602


  • 素材:Union WP
  • 色:Black(左)、Dark Brown(右)
  • 底材:Single Dainite
  • 製法:Goodyear
  • 価格:¥48,600(税込)


TradingPost Original 品番:T604


  • 素材:Union WP
  • 色:Black(左)、Dark Brown(右)
  • 底材:Single Dainite
  • 製法:Goodyear
  • 価格:¥48,600(税込)


TradingPost Original 品番:T605


  •  素材:Union WP
  • 色:Black(左)、Dark Brown(右)
  •  底材:Single Dainite
  •  製法:Goodyear
  •  価格:¥48,600(税込)

 

リピーターの方も多く、すっかり定番化した究極のラバーソール。

まだお試しいただいてないお客様はこの機会にぜひご来店お待ちしております。

 

Go to top